« おいおい、大丈夫かな~ | トップページ | 些細なプライド粉々事件 »

2006年2月21日 (火)

思い出した、大切なこと

先日、ある人と話しているうちに自分の経歴を簡単に話すことになり、(といっても簡単だと思っていたのは私だけで、聞いている方はゲップがでていたかも・・・汚い表現でスミマセン)自分がホテル業界に入るきっかけを思い出しました。

それは、19歳の頃、1年間イギリスに語学留学させてもらっていたときのオハナシ。
出発前の成田空港で(羽田じゃないよ!)偶然買ったアーサーヘイリーという作家のホテルという小説との出会いでした。この小説はアメリカの古いホテルを舞台に、そのホテルの買収劇やら、働くホテルマンの人間模様やら、そこに集まるお客様が引き起こす様々な事件が絡み合って進行していく傑作です。今、アマゾンみたら中古で1円から販売していてちょっとフクザツだったけど、興味のある方は是非、ご一読を。
この本を読んでから、漠然と「ホテルで働くのって良いかも」と思い始めたのです。

そして、ある日のできごと。私が主に滞在していたのはイギリスのBath(バース)という街だったのですが、ホームスティ先の近所に7室しかない、イギリスの大邸宅を改装したプチホテルがありました。
ちなみにBathは大好きな街で、何度でも行きたくなる場所です。東京が第1の故郷なら、Bathは第2の故郷、上海が第3かな・・・
話を戻すと、そのプチホテルはオーナーと思しきおじいさんとシェフとフロント兼お給仕兼掃除係のおばちゃん1人(きっと他にもいたんだろうけど、私の視界には常にこの3人しかいなかった)の3人で切り盛りしているようでした。お部屋の色調にあわせて、それぞれ「シャンパンルーム」とか「ローズルーム」とか「オーシャンルーム」と名付けられていて、食後のお茶を頂く居間には古い暖炉があり(小坂明子の「あなた」みたいだけど)、ダイニングルームは天井が高く、決してゴージャスではないんだけど、しっかり清掃が行き届いていて、シルバー(ナイフやフォーク類)やクロスは高品質なものを大切に使っている・・・本当に18世紀のイギリスを垣間見るみたいで、それは優雅な気持ちになれたのです。(今日のブログは私の友人であるマダム由美子さんのブログのように気品漂う感じだわ、ふふふ)

でも、私が一番印象に残っているのは、そこにいたおじいさんとシェフとおばさんの「何気ない優しさ」と「気配り」です。ユーモアたっぷりでいて、親切なおじいさん、無口だけど、こちらがディナーを一口食べておいしそうな顔をすると「にやっ」と笑い、次の料理を用意してくれるシェフ、快活でどんなことでもテキパキと判断し、その一方で朝食のトーストに「グッドデイ」という型押しを入れてくれたりするお茶目なおばさん(特に私の英語なんて、かなりいい加減だったと思うんだけど、嫌な顔せずニコニコ聞いてくれました)、。私のホスピタリティの原点はたぶん、あそこにあるんだと思います。

ちなみに大胆で後先考えなかった当時の私は、「将来はここで働く!」宣言をある日、おじいさんにしました。おじいさんは笑いながら「お~ディア。おまえが本当に働きたいならいつでも来なさい」というようなことを何度も言ってくれました。冷静に考えたら20年前のイギリスで日本人が就職するなんて、とても無理だったと思うのですが、その時は、おじいさんがそう言ってくれるだけで大満足。でも、大胆な癖に小心者の私はその後、しっかり日本で就職するのでした。チャンチャン。

結局、ホテルオークラとご縁があり、16年勤務させていただくことになるのですが、あの時に受けたサービスや心配りは私が忘れてはいけない大切なホスピタリティマインドの原点です。

「初心、忘るべからず」 たまに昔を思い出すのは大切な作業ですね。

|

« おいおい、大丈夫かな~ | トップページ | 些細なプライド粉々事件 »

コメント

「ホスピタリティ」・・・いい言葉ですよね~

何気ない優しさと気配り、どんな仕事にも、いえ生きていく

どんなシーンにも必要不可欠な要素といえましょう。うんうん

(一人で納得中(笑)・・・)

Bath・・・一度旅行で行っただけでも、心のふるさとに

なっちゃうような場所ですよね!また訪れてみたいものです。

投稿: 粉雪亭 | 2006年2月21日 (火) 08時19分

こういうエピソードは大好きです!

なるほろ。。。社長のスタートはここですか・・・・・。

というわけで、大学図書館から『ホテル(上)(下)』早速借り出してきました!

投稿: 渉外 | 2006年2月21日 (火) 12時02分

良いね~。
私も何でホテリエになったか思い出しましたよ。。。。。

投稿: mimi | 2006年2月22日 (水) 00時40分

ふ~ん、飯野さんのホスピタリティの原点はバースのプチホテルにあったんですね。海外で、言葉が出来なくても、サンキューとエクスキューズミーとにっこりと微笑むことの3つがあればコミュニケーションが上手くいくと聞いたことがあります。無愛想な人がまだまだ多いこの国には、ホスピタリティの大切さををますます広めてほしいものです。それにしても、ホテルって憧れる人が多いですよね。私もその一人ですが。

投稿: まり子姫 | 2006年2月22日 (水) 23時37分

粉雪亭さん・・・今日、これからあなた様を題材にさせて頂きます。あしからず。

渉外さん・・・結構一気に読めちゃう作品なので、読んだら感想なぞお聞かせくだされ。

mimiさん・・・ホント、たまには振り返りっていうのも必要だよね~

まり子姫さん・・・スマイルとサンキューとエクスキューズミー・・・確かにこれは3種の神器ですね(笑)いつか講演などで使用させていただきます。

投稿: 社長 | 2006年2月23日 (木) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出した、大切なこと:

« おいおい、大丈夫かな~ | トップページ | 些細なプライド粉々事件 »