« 思い出した、大切なこと | トップページ | ババシャツととっくりと私 »

2006年2月23日 (木)

些細なプライド粉々事件

前回、バースのことを書いていて突如思い出したことがあります。

英語を勉強していて「我ながら上達したな」と思う瞬間ってありますか?私の場合は「英語で夢を見る」「寝言を英語でいう」「目覚めたときなど、心構えをしていないときに咄嗟に英語がでる」の3つを目指していました。どうやら「英語でものを考えることができないとできません」と、学校の先生が仰っていたのが印象に残っていたからだと思います。どれか一つでもできたら格好イイですよね。(ただのイヤミに聞こえるかもしれないけどね)
しかし、完全熟睡派の私は日本語で見る夢さえ殆ど覚えていないので、もしかしたら英語で夢見たかもしれないけど覚えていないし、寝言を何語で言っているか自分で理解できたら、それはもはや「寝言」とは言わないだろうし(もしくは隣で誰か見張っていてくれないと立証できない・・・録音するには長時間過ぎるだろうしね)、そうなると3番目の「咄嗟に英語がでてくる」というのでしか自分が上達したと実感できない、という理屈になります。

なかなか「咄嗟に英語を喋る」機会にめぐり合えなかったのですが、そのチャンスはついにやってきました。

1年間の留学をほぼ終え、いよいよ帰国という数週間前に敬愛する(うぷぷ)姉と、せっかく可愛い(かどうかわからないけど)妹がイギリスにいるうちに合流して一緒に旅行しよう、ということになりました。最初の滞在先はそのときホームスティをしていたボーンマスでした。ここで、ホテルトレーニングスクールに通っていたのですが(前回のお話通り、バースでホテルに目覚めた私は知識と技術を得るため最後の学期をホテル学校で過ごしていたのです)、ホストファミリーのご好意で2日間程、姉もスティ先に泊めて頂くことに・・・丁度、私が使わせて頂いていた部屋はツインベッドなので二人で仲良く枕を並べ、その日は久しぶりの再会に夜遅くまで語り合いました・・・かどうかは全然覚えていないのですが、ここで、ついにやっちゃったんですよー。
姉が夜中にトイレに行く為に部屋の電気をつけたその瞬間!!
「What's up!?」(どうしたの?)と言った・・・らしいんですね、私。(本人はあんまり覚えていない)姉は感動したらしく「やっぱり1年勉強していると、ビックリしたときに英語がでるんだねー!とんちゃん(家でそう呼ばれています)、すごい!!!!」と褒めてくれました。(親バカならぬ姉バカ?)私は内心、ニマニマしつつ「そう?、ま、これくらいできないとね」とかなんとか言って表面上はクールに(どこかじゃい?)流したのでした。

話がここで終わればただの小さな自慢話なのですが、実はここからが本題(?)。

旅は順調に続き、ロンドンのとあるホテルに滞在していたときのこと。
姉は再び夜中にトイレに行こうとしました。(それにしてもよく夜中に起きる姉です)滞在していた部屋はベッドが2台くっついている一見するとダブルベッドルームに見えるハリウッドツインと呼ばれるタイプのお部屋でした。
姉は半分寝ぼけ眼で意識朦朧としながらも、トイレに近い側で寝ていた私を乗り越えた方が早いと判断したらしく私をまたぎながら一言「エクスキューズ・ミー」と言い放ったのです。

・・・・「エクスキューズ・ミーだぁー????」
その一言をこれまた朦朧とした意識の中で聞いた私の気持ちをご理解頂けますか?
「滞在1年かけて、私はやっと「ホワッツ・アップ」が言えたのに、この人はどうしてイギリス滞在5日間で「エクスキューズ・ミー」が言えちゃうの?????ガーーーーン」

「門前の小僧習わぬ経を読む」・・・姉さん、あなたは大した人です。

|

« 思い出した、大切なこと | トップページ | ババシャツととっくりと私 »

コメント

毎回、格言・ことわざがぴったりはまるように出てくるなんて!と感銘受けています。素晴らしい。どうしてそんなにいろんな言葉を覚えているの?
今回の題材は職場で読んでいて笑いそうになり危険でした。
深い姉妹愛、すばらしい、と粉雪亭さんのコメントを読みつつ。仲が良いですねー。姉妹だとそうなるのかな?
バンコクにいたとき、私もタイ人の先生に「夢でタイ語を話せたら大丈夫」と流暢な日本語で言われました。夢では見ませんでしたが、運転手にけんかを売るくらいは出来るようになったから、ま、いいか。

投稿: kikusan | 2006年2月23日 (木) 14時56分

やられたわっ、この話がでるとは・・・でも、あとから聞かされて

知ったのであって、自分では覚えてないの。

とにかく、順応性には自信があります!!(キッパリと言い切る

けど)なので~(←今風)くれぐれも、悪い環境には身を置かない

ように心がけております。(すぐ馴染んじゃいそうでコワイからね)

投稿: 粉雪亭 | 2006年2月24日 (金) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 些細なプライド粉々事件:

« 思い出した、大切なこと | トップページ | ババシャツととっくりと私 »