« 必死に考え、答えてみたけれど | トップページ | 出張の交通手段がくれた気付き »

2006年4月12日 (水)

「最後の漢字です」事件

昨日、岡山で今日は浜松に立ち寄り、最終で帰京しようと思っていたら、仕事が延びて帰れなくなりました。そんなわけでオークラアクトシティホテル浜松に泊まっています。古巣のグループホテルで懐かしい顔に会ったりして、予想外の出張もまた楽し哉です。

で、突然ですが前回の続き・・・子供のときの無邪気なそれでいて今となっては恥ずかしくも面白い話をひとつ・・・
粉雪亭さんが前回のブログのコメントに記した「これが最後の漢字です事件」・・・話すのにちょっとばかり恥ずかしいことなのですが(苦笑)ま、笑ってちょうだい。

実は私は幼稚園中退という輝かしい経歴を持っており・・・というのも幼稚園の年少さんから年長さん(今もそういう表現をつかっているのかな?)にあがる4月2日に現在の実家に引っ越した為、タイミング悪く定員オーバーか何かの理由で近所の幼稚園に入れてもらえないという事態になったからなのです。その結果、1年間同世代と遊ぶことなく30歳年上の(笑)母と二人で過ごすことになりました。事件はその頃の出来事だったかと思います。(ちとばかりそのへんの記憶が定かではないのですが)

当時、ピアノを習っており(今は猫踏んじゃったしか弾けないけど)その練習をする、しないで母親に叱られ自暴自棄になった私は家出を試みたのです。結果的に近所のお米屋さんで「あら~ともちゃん、どうしたの?」と問いかけられ自信満々に「うん、家出してきたの」と答え捕獲されたのですが(しかも、そのときの家出先として母方の祖父母の家を目指していたあたり、かわいいというかアホやね~)、家出に際し、家族に別れを告げなければならないと思っちゃったらしいんですねー。で、何をしたかというと、当時落書き帳として使うように与えられていたノート(しかも結構重厚感あふれるノートブックでした)に家出をするということと、自分がこの家にいた証として知っている限りの漢字を書き記しお別れの印としたんですねー。ノートの1ページにきったない大きな字で「山、山、山、」とか「川、川、川」って書いてあるのをイメージして下さい。・・・ああ恥ずかしい(笑)で、それらの漢字に添えて冒頭の「これが最後の漢字です」という名(迷)文を残したのです。この話題に触れられるのが嫌で小学生、中学生くらいまでは母や姉にそのことでからかわれるとムキになって逆切れしていた記憶があります。でも、この歳になると絶好のネタになっちゃうんだからオソロシイ。しかもブログに書いちゃうなんて・・・それにしても、マセた子供でしたねー。して、あのノートは今、どこにあるんだろうなー。

|

« 必死に考え、答えてみたけれど | トップページ | 出張の交通手段がくれた気付き »

コメント

あ~っやっぱり知ってても可笑しいよぉ!文章で改めて読むと

インパクトあるね(笑)一重にあなたの文才の賜物かしら?

でもお米やさんに捕獲されたってコトは覚えてなかった・・・

でも当時は「なんだコイツ大胆なやっちゃな~」(なぜか関西系の

せりふ)と思ったよーな気がする・・・

投稿: 粉雪亭 | 2006年4月13日 (木) 08時12分

イヤー、深いね。「最後の漢字です」って?
しみじみしているじゃなーい。
きっと、お母さんも当時はどき!ってしたと思うよ。一瞬ね。
飯野さんが無事にお米屋さんで捕獲されているから、思いっきり笑い話になっているのよ。
笑っちゃうけど、「ちょっといい話シリーズ」ですね。
わたしも飯野さんのようにいい話を書きたいわ。
自虐的な痛い日記から早く脱却できますように…。

投稿: kikusan | 2006年4月13日 (木) 09時23分

いやぁ、すてき。
渉外はこういうの大好きよ。
疲れていたところへ、ほっとひといき、うれしい話♪

うちの弟part1は、「考えたいことがあるので」と書きおきし、
こっそりスキーに行ってたということがありました。
鉄砲玉三郎といわれ、いなくてもなかなか気付かれなかった
のだけど――(笑)。
スキーでなにを考えたかったのだろうか、今でも不明です。

投稿: 渉外 | 2006年4月13日 (木) 12時12分

面白すぎますよー。
子持ちの母としては、そんな娘が居たら
気が気じゃないだろうなぁ。
「最後の漢字です。」ってどんな意味だ~??
あ~~、子供なりのアピールかな~?
「山も川も書ける娘なのよーー!!
あたちわぁー!
だから、あたちを大事にしろーー!!」
って・・・。
それもまた可愛い。
子供って不思議ですよね。
想定外のことするから。

投稿: misao | 2006年4月13日 (木) 19時03分

私、脳内の整理に終われております。
ここにお邪魔するようになってから、
「あの」飯野さんが実はこうだったんだ、ああだったんだ…
というのがあまりにも強烈で(笑)
「最後の漢字です」の人の追っかけだったんだ、私は…
うーん、深いなぁ。

投稿: Monika | 2006年4月13日 (木) 22時00分

いやーかわいいね。想像しちゃいます。私はその歳では漢字どころかカタカナも書けませんでした。けっこう教育ママだったんですか?それとも私がアホか・・・
それにしても幼稚園中退かっこいい!あまりいません。
でも私も小学校の時危うい時がありまして・・・
5年生の時、一ヶ月はどこにも所属のない小学生だった時があるの!(ぎっ義務教育でしょ!!)ぐれてたんではなく、転校予定先の学校が受け入れてくれなかったのです。その学校は区立小なのよ。しかも理由の一部が「この子が来ると偏差値が下がる」というぶったまげた理由でした。どうやら郊外から来るのはお馬鹿と決め付けられてたのです、当時は。
うちの母が脅して(さらっと書いてる)なんとか一ヵ月後に入れたんです。めでたし・・・
「ゆとり教育」とかけ離れた時代だったよねー。


投稿: uosan | 2006年4月14日 (金) 00時12分

粉雪亭さん・・・ご満足頂ける内容だったかな?今度、家に帰ったらノート探してみようっと。

kikusan・・・これを「いい話」とかしみじみって言ってくれるあなたは素晴らしい(笑)ありがとう。kikusanの日記も楽しいよん。

渉外さん・・・鉄砲玉三郎、気に入った!これは「てっぽうだまさぶろう」なの「てっぽうたまさぶろう」なの?「た」をどう読むかでイメージか変るね(笑)

misaoさん・・・ホント子供って不思議だよね。結構自己顕示欲のかたまりだったのかな~(苦笑)

Monika・・・高校時代にどんなイメージを持っていてくれたのか、気になるけど、早く脳内整理してホントの私を見て~って感じです。(爆笑)

uosan・・・uosanのお母様が脅すところ・・・きっと迫力あるよね。私達、学歴に空白がある者同士なのね。

投稿: 社長 | 2006年4月14日 (金) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「最後の漢字です」事件:

« 必死に考え、答えてみたけれど | トップページ | 出張の交通手段がくれた気付き »