« 上海の思ひ出(料理編vol.1) | トップページ | ちょっとした宣伝と大事な仲間について »

2006年4月25日 (火)

芝居づくりの経験が今でも役立っている!

先日、同窓会総会があり出席してきました・・・・1時間遅刻したけど。(新副会長ごめんね)学校に行くと、やはり学生時代に戻ったような気になります。学生時代の一番の思い出って何かなーと思うと・・・・うーん色々あるのですが、やはり芝居づくりになると思います。私は出演というより脚本、演出という、昔から偉そうな役職が好き・・・っていうわけではないが、(苦笑)ま、代表兼ねて製作指揮をしていたのです。この経験がなければ、もしかしたら今の自分はなかった・・・というか、かなり人との関わり方において違うアプローチをするようになったのではないかと思います。今日はそのあたりのオハナシをしたいと思います。

芝居(舞台)をつくるにあたっては色々な係が必要です。キャスト(出演者)もそのうちの一つで他に大道具、小道具、音響、照明、衣装・・・しがない素人集団はキャストが衣装係を兼務したりするのが当たり前なのですが、それでも色々なスタッフの努力のお陰で当日幕があくわけです。
そんな中で演出の役目は一人一人の良いところを見つけ出し、自分の演出プラン(格好良い表現だが実際は大したことはないです、ハイ)を了承してもらい、かつ、仲間の意見も取り入れながら皆が舞台の成功という一つの目的に向かって気持ちよく進めるようなコーディネートをしていくことなのです。・・・あ、念の為に言い添えておくと、世の中で成功している演出家の方々は類まれなる才能をもってしてその人なりの自己表現を、役者を使って行うわけですから、こんな素人劇団の演出とは全然違いますので、おわかりだとは思うけどその辺ちゃんと理解して読んでね。(笑)

キャスト(役者)って素人でもそれなりに感性があるんだなーと思うのは人がせっかく用意してきた脚本を、読んで自分なりのイメージで勝手に(失礼)動くんです。で、くやしいかな、その動きの方が用意してきたト書きより良かったりするわけで、そうなると、もうその事実を認めたくない気持ちで一杯になる。(笑)でも、そこで、「待てよ」と思いとどまるのです。「ここで、自分が相手の良さを潔く認めれば相手もハッピー、良い作品になれば私も皆もハッピー」という感じでね。これは良い訓練になりました。社会に出ても様々な局面で同じような状況を迎えます。そのときに「これは何のためにやっているのか」とか「良いものを積極的に取り入れることによって、周囲が更にやる気になってくれる」とか・・・まあ、口で言うほどすんなりといかないケースもありますが、あの時の経験がこういった考え方が多少なりともできるようになった基礎であることは確かであるような気がします。して、そうなると、逆に「ここはどうしても私の考えを了承してほしい」というところが明確になってきて、その点に関しては粘り強く説明を続けるわけで、結果的にはメンバーもしっかり理解(観念?)、皆で一致団結!という流れになります。そこまでくれば、大概のことが信頼関係で進められるのです。ちょっと理想論になっている部分もあるけれど、こういうことは本当に大切だと思います。だって、人は一人で生きているわけじゃないもんね。他にも舞台が本当に色々な人の努力で幕が開くという事実(これは素人集団でも同じです)を目の当たりにしてきたことや、その日のカンパニー(おお、少し演劇人っぽい?)の調子を見ながら、お稽古をどこまで進めるか調整すること、等々、舞台づくりをしたおかげでチームワークの大切さを肌で感じることができたのは本当に幸せなことだと思っています。

とは、申しましても私も至らぬところだらけで、結構短気なところもあり、きっとこのブログを読んでいる人の中には「そんなに物わかりよくないじゃん!」って苦情を言いたい人もいることは重々承知しております・・・(苦笑)常に今言ったことを実践できる人でいたい、という戒めも込めて書いているのでご了承くださいまし。

余談ですが、先日、このブログを読んでくれている落合楼 村上Yちゃんが「ブログ、面白いけど社長さん、そこまで書いちゃっていいの~?社長の体面って考えないの~(笑)」って心配してくれたので、今日は少しマジメな内容にしてみましたー。Yちゃん、どうよ?(笑)

|

« 上海の思ひ出(料理編vol.1) | トップページ | ちょっとした宣伝と大事な仲間について »

コメント

日記を読んでいて、その話し合っている様子などが、
はっきりとイメージできました(^^)

お芝居と取締役が似ているとは、全然思っていなかったので
びっくりです。

どちらも大変だけど。。。だから出来上がったときは
本当に嬉しいんでしょうね♪

投稿: Popoco | 2006年4月25日 (火) 21時05分

うーん、ほんとですねぇ。
私は演劇の舞台に限らず、中学・高校・学生時代のサークルや委員会でそういうことを学んだんだなといま振り返ってしみじみ思います。
中学生は声をはりあげることやきつい言葉で人を動かそうとしてみたり…まだいかにも子どもの発想。それが高校・大学と変わっていくんですが、部分的にせよ人にポーンと任せると自分では思わぬ方向に行く可能性があって、そこに口を出さないでいるためには余裕がいります。相手に対する信頼も。そうじゃないと、すべてを自分で把握できない状態は不安でやっていられません。
音楽・演劇は主張したいことがある人いっぱいですが、例えばオーケストラは学年と演奏歴は一致しませんから、まとめ役の上級生より1年生がうまいことが往々にしてあり、演奏や運営でぶつかりやすくて、大学オケでさえもうまくまとまらず団員が半分やめてしまうような分裂騒動が珍しくない。20歳になってもまだケンカ別れってのもアレですが、そういう経験を通して押す・引くの加減を学んで来たんですね。
実は高校の委員会運営で大失敗した私はそれがトラウマになり、以来「絶対に人を束ねる立場にはならない」と固く決心していたのですが、子どものPTAでは自分で思ったよりずっとスムーズにいったので、ああ、自分も周りの人もそれぞれの場で学んで成長してきたんだなと感じました。
お互いがお互いのいいところを引き出し、切磋琢磨していいものを作るには積極的な発言ができることも大事ですが、それ以前に聞き上手・待ち上手でないとダメなのねとしみじみ思うこのごろです。

投稿: ヒロシ | 2006年4月26日 (水) 01時04分

Popocoさん・・・そうなんです。芝居作りは仕事をチームで進めるのと同じようなものです。適材適所に人が配置され、力を正しく発揮できればそのチームは、きちんと問題解決を行い信頼関係でものを前に薦めることができるそうです・・・

ヒロシ(さん)・・・今日はお疲れのところ運転手さんありがとうございました。押す、引くの加減って絶対大切だと思います。

投稿: 社長 | 2006年4月27日 (木) 01時11分

上の「ヒロシ」は(さん)のいらない、呼び捨てのヒロシです。
したがって運転手とはなんのことやらさっぱり(笑)
もしかして先客のヒロシさんがいらっしゃるのですね?!
次からは区別のつく書き方します~。追っかけのヒロシとか、

投稿: Monika あらため ヒロシ | 2006年4月27日 (木) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芝居づくりの経験が今でも役立っている!:

« 上海の思ひ出(料理編vol.1) | トップページ | ちょっとした宣伝と大事な仲間について »