« 上海の思ひ出(料理編vol.2) | トップページ | 青空講演会 »

2006年5月 5日 (金)

20年前のイギリス一人放浪記(vol.1)

約10年振りに沢木耕太郎さんの深夜特急という本を読み直しています。旅行に行きたいのに行けないのでせめて気分だけでもと思い読み始めました。沢木さんが若かりし頃、一人で日本からイギリスを陸路中心に旅するという、ヒッピー族のバイブルとまで言われた・・・かどうかは定かではありませんが、なかなか読み応えのある旅行記です。それでも、昔と今では随分と感想が違うものだということに驚かされます・・・ってシャーロック・ホームズのときにも同じこと言った記憶があるけど・・・(4/4の記事ご参照ください)どちらかというと前回読んだときは、タイトルに惹かれて手にしたものの、なかなか読むスピードがあがらなかったのですが、今、読み直してみると結構すんなり読めるのです。不思議ですねー。ちなみに今回、本は大学の図書館で借りちゃいました。いや~学校の図書館って便利ですね。在学中にもっと図書館を正しく利用していればもう少しお利口になっていたかもしれません。何せ高校生の頃、生徒会の図書部長をやっていたときなんて、司書の先生が面白くて、、その先生に会いに放課後遊びに行っていた記憶はあるけど、図書館で勉強した経験って殆どない・・・

話がそれました。今日はイギリス留学中に旅したことについて。

20年前のイギリス英語学校は春学期、秋学期、冬学期が3ヶ月コースで、夏は短期滞在の人が受けやすいように3週間位で一つのコースとなるようにカリキュラムを組んでいる学校が多かったようです。当然、学費も割高だし、良い先生は夏休みを取ってしまうので、せっかくならその期間、イギリス国内を旅行して歩こうということになりました。両親にも承諾を得て、晴れて住所不定無職の旅が始まったのです。(両親も理解があるというか、勇気があるというか、無謀というか・・・嫁入り前の娘に大胆な旅をさせてくれたものです。感謝)一応、留学斡旋エージェントに留守中の緊急連絡先になってもらい、手紙の保管等もお願いしていざ、出発!・・・とはいうもののどこからどのように回れば良いかわからず、とりあえずは朝、目覚めたときにイギリスの地図をベッドの上に広げ、目を閉じて「エイヤッ」と指した場所へ電車とバスを乗り継いで行く、というロマンに溢れてはいるものの、今思うと、大変、不経済かつ非効率的な旅行をしていました。でも、これはこれで、恐らくなかなかできる経験ではないし、ガイドブックの指示通りに行く旅とは違って、全く観光色のない場所へもたくさん行って、色々な人の親切(その反対も結構あったが)に触れることができたのは、今となっては大事な思い出と経験です。
不思議なのは時が経った今、鮮明に思い出すのは名所旧跡を訪れたことではなく、電車の窓からずーーーっと続く平原を飽きずに見ていたことや、イングランド南西部の小さな町でりんごをかじりながら海をぼけーーーーーーっと何時間も見ていたこと、ヨークの近くの小さな村の教会で(”クリスチャンじゃないけど”)、古いステンドグラスに感動したこと、小さい村のB&B(イギリス版民宿とでもいえば良いのかな)でそこの女主人の方に親切にしてもらったこと・・・こんなのばっかりなのです。

でも、こういうことってそのときの自分にしか経験できなかった、かけがえのない思い出なのかなって心の底から思います。これからしばらくは、のんびり旅行もできそうにないけど、いつか又、のんびりイギリスを旅したいな~。

|

« 上海の思ひ出(料理編vol.2) | トップページ | 青空講演会 »

コメント

一人で放浪って考えられなかった若かりし私。
今でもせいぜい、一人で買い物に行かせてくれ!って家族に叫んでいるのが、関の山。
いつか一人で放浪したいって思うかなぁ。

投稿: kikusan | 2006年5月 6日 (土) 09時40分

若い頃ならユースホステルもあるし、イギリスはB&Bがいっぱいあるし、放浪するのは楽しいですよね。私は新婚旅行もロンドン以外の宿を決めずに行っちまいました(^-^;)
一人旅での思い出はバースのB&Bで値切ってしまったこと(イギリスではあまりやらない)、ロンドンで人と待ち合わせして、「シンプソンズの前で」と言われ『瀕死の探偵』に出てきたレストランだと思い込み、相手と落ち合えなくて困ったこと(ホームズ病)、二階建てバスを路線の端から端まで乗って、運転手の兄ちゃんに不審がられたことなど…。
そして今のお出かけ状況はkikusanに同じ…子育てってちょっと軟禁状態だと思う(涙)

投稿: ヒロシ | 2006年5月 6日 (土) 11時08分

kikusan・・・放浪することが良いわけではないけど、kikusanは一人でガンガン行っちゃう方かと思っていたわ(笑)

ヒロシ・・・あのB&Bで値切り交渉をしたとは!大した人です。(笑)私は二階建てバスに途中から飛び乗り、交差点で飛び降り、結構タダ乗りをしていました・・・ロンドンバスの皆様、ごめんなさい。

投稿: 社長 | 2006年5月 7日 (日) 01時50分

そ、それは誤解だー(笑)
話のなりゆきで、値切った形になっちゃったんですよぅ。
最初に目をつけたB&Bで値段を聞いたら、私の希望よりちょっと高くて
「またあとで来るかも」と言い残し、他へ行ったらだいたい希望の値段で、
でももうちょっと探してみよう…と道へ出たところ、さっきのB&Bの
兄ちゃんが道をうろうろして私を探していて、兄ちゃん曰く
「僕はこのあと遊びに出かけたいんだ、うちに決めてくれないか」
「でも…あっちのB&Bが、あなたのところより2£安いんだもの」
「わかった。じゃ、その値段でいいから。早く部屋を埋めたいんだ」
…というわけなのです。なんか、バイト君って感じの人でした。
でも朝食もその人が作ってくれたなぁ。その家の息子かなぁ。
バースの町はずれの橋を渡って右の坂を上ったほうでした。


この話より、バスのタダ乗りのほうが武勇伝だと思いますケド~♪

投稿: ヒロシ | 2006年5月 7日 (日) 02時52分

バスただ乗り!すげー。でも、やれそうだよね。バンコクのバスもそんなモンじゃ。満員のバスに乗って代金を払えなかったことあります。でも、しょうがない…って思って、降りちゃった。鉄腕車掌さんも回れなかった、満員バス・・・。
>ヒロシさん
B&Bの値切り、ラッキーでしたね!値切りっていうより「値段交渉」ですよね。
軟禁状態、早く解かれるといいですね。高校生のお母さんによると、中学生の終わりの方になるとだいぶ解かれるそうです。私的には小学生2・3年生になってだいぶ解かれた感があります。息子には「ママのやりたいこともある」ということを理解してくれています。でも、旅にはいかれませんね。まだ。一人ではいかれないかなぁ。

投稿: kikusan | 2006年5月 9日 (火) 09時29分

ヒロシ・・・それは間違いなく値切り交渉だよ(笑)バスも最近は自動扉になっているので武勇伝は二度とできないだろうな~

kikusan・・・20年前のイギリスではバスの乗り方次第で結構節約できました(苦笑)それにしても世のお母さんは大変だなーとkikusanとヒロシのコメントを読んで改めて思いました。頑張れ!母さん!

投稿: 社長 | 2006年5月11日 (木) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20年前のイギリス一人放浪記(vol.1):

« 上海の思ひ出(料理編vol.2) | トップページ | 青空講演会 »