« 2007年2月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年5月22日 (火)

徒然なるままに・・・

確か、お正月に今年はマメにブログを更新するぞ!と誓ったはずなのに・・・・前回のブログは2月17日、そして今日は5月22日。有言不実行なワタクシメをとりあえずは許して頂き、ここ数カ月にあったこと、思ったことをいくつか書きたいと思います。

その1. 会社設立2周年
2005年3月1日に産声をあげたフェイスアップも無事丸2年が過ぎ、3年目に入りました。月並みな表現ではありますが、その間多くの方のご支援の賜物でここまで来ることができたのだと心から感謝しています。おかげ様で昨年は売上も前年を倍以上上回ることができました。(その分疲れはしたけど・・・)今年はクオリティにこだわろうと年頭の誓いを立てたにも拘らず、相変わらずバタバタと駆け回る毎日で、きっとこのペースはしばらく続くものだと、最近では無我の境地に達する勢いで日々過ごしています。でもね、必要とされることは本当にありがたいことなんです。だから、なるべく多くのご縁を大切にしたいと心から思います。ありがとう!

その2. いよいよ40代に突入しちゃったよぉ
3月は会社の創立だけでなく自分の創立(?)じゃなくって誕生日もあるめでたい月なのです。かつてはどこで年の話をしても「もっと若いかと思った~」と言われていたのに、最近では髪に白いものがチラホラ、大学で授業を受けている学生とはダブルスコア・・・「先生ってうちのおとーさん、おかーさんと3歳違いだーーー」などと言われると「おとーさん、おかーさん、ではなく父、母と言いなさい」と心の中で説教しながら実際は絶句してしまう有様でついには函館のK支配人(この方、実は私より9歳・・・ええ、9歳も年上の方なんです)より年上に見られたりして・・・自分がいつまでも若い、いえ、若く見えるわけではないんだと強く実感させられる今日この頃であります。ま、こうやってダラダラ書くほど気にしているわけではありません。年を意味なく隠したりするのってあんまりスマートじゃないような気がするので・・・でも、これからは自分の体を過信せずに1日1日を大切に過ごそうかと思います(苦笑)あ、おかげさまで最近の体調は良好で、定期的に病院通いは続けていますが血液検査の結果などもばっちりです。いつもご心配頂いている皆様方、本当にありがとうございます。

その3. 友人のマダム由美子さんが講談社より著書出版!!
私の学生時代からの大切な友人の一人にマダム由美子さんという人がいます。別に名字がマダムというわけではありません。芸名?ともちょっと違うけど、なぜか彼女がマダム由美子を名乗っても怪しくもなく、むしろ違和感がないのです。おそらく100人中101人が「え~?!本当にあなたの友達なの???」というくらいエレガントな女性です。(・・・ということは私にはエレガンスのかけらもないっていうことかい!!)そんな自然体で(むしろ天然系?)素敵な彼女の記念すべき著書1号「プリマ・エレガンス」の魔法が出版されました。興味のある方は是非、手にとってみてください。彼女から学ばされるのは、本当に自分が好きなことを続けることの素晴らしさと大切さです。だから彼女の発言には変なブレが感じられません。それは心の底から思っていることを、自分の言葉で伝えてくれるからなのかもしれません。肩に力を入れることなく自分の歩幅で1歩ずつ歩いてきて、その成果が今回、こういった形で世の中に出るというのは友人としても誇らしく、又、嬉しい限りです。

その4. 久しぶりに姉に会いました
姉(このブログ内では粉雪亭ともいう)とたまにメールや電話でのやり取りはしているのですが、つい先日、久しぶりにランチをしました。母の日に帰れなかったので学校の授業に行く前に母と食事しようということになり、さらに姉にも声をかけたところ「参加できる!」ということで、本当に久しぶりに親子3人で短い時間ではありましたが一緒に過ごしました。そこで、前回いつ会ったっけ???という話になり色々と記憶をさかのぼっていくと・・・なんと去年は会ってないかも!!(もっとも二人ともかなりいい加減な記憶の持ち主なのでもしかしたら間違っているかもしれないけどね)ということが判明しビックリ!いや~時間が経つのは本当に早い。でも、会っていなくてもふざけたメールをくれたりするので、全くと言って良いほど久し振りという気がしませんでした。彼女は日常の風景の中で、ニヤリとさせられる光景を探す天才だと思います。例えば、小指部分が折れた孫の手を「やくざな孫の手」と題して送ってきたりね・・・あのセンスはシュールながらしみじみとした笑いを提供してくれます。確か、今年はマメに実家に帰りたいなんて言っていたけど、ブログ同様こちらも有言不実行な2007年前半でしたが、たまには3人で食事っていうのも良いものだと改めて家族に感謝したひと時でした。お姉ちゃん、これからもオモロイ写真待ってまっせ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2008年1月 »