« 幸せは感じるもの | トップページ | 大相撲初場所千秋楽 »

2008年1月26日 (土)

革小物好き

昔から革小物が結構好きで、特に財布はだいたい3年に1回位のペースで色々と替えてきました。革製品は使う程、味がでてくるし同じものなのにまるっきり同じものは二つとしてない、というところが魅力的なんですねー。でもこの5年程はずっと同じコードバン(馬のお尻の革のごく一部だそうです)の財布を愛用しています。コードバンの光沢が好きで、買いに行く度に「今度はテイストの違うものにしよう」って思いながら物色するのですが結局コードバンに戻ってしまいます。今の財布は買ってから数日後にレバ刺し用のごま油&塩の皿に落としてしまい、すぐに拭いたもののしばらくはごま油の香ばしい香りが何ともいえなかった、なんてことがあったり、会社の中で落とした上に自分で蹴飛ばしたり・・・と災難が続いたせいか逆に愛着があります。でも、そろそろ替えようかな〜。K支配人によると長財布の方が金運が良いとかで、今度は長財布にしようか二つ折りにしようかどうか思案中です。
それにしても革小物売り場は見ていて退屈しない!(笑)財布以外にも、名刺入れや定期入れ(今はsuica入れ?)など見ているとつい欲しくなっちゃいます。海外旅行に行っても気に入ったものがあると買ってしまうので気がつくと未使用の財布がいくつも転がっていたりして・・・反省して無駄遣いは止めようと思うのですが、なかなか意思を貫けない(苦笑)昨年末にも友人から教えてもらった濱野というブランドの名刺入れを注文してしまい、只今、首を長くして到着待ちの状態です。2月末にならないと来ないんだよ。ま、名刺入れはそろそろ変え時だったし、商売上とても大切な小道具なので無駄遣いとは思わないけど。(誰に言い訳しているんだろう?)この濱野の革製品は皮革の質や職人さんの手作業にこだわり、楽天のサイト上で売り出すと30分もしないうちに完売してしまうのです。すごいね~。で、買えなかった人が再製作希望のメールを出すと、次回販売の前に「○月○日○時から売り出します」というにメールが入るんです。この完売→再製作希望→お知らせ→販売→完売というサイクルが途絶えない・・・というより売り出す度におもしろいくらいあっという間に完売してしまうんです。

素材と技術にこだわり、材料が入らない限り売り出さず、注文を受けてから一つずつ製作する・・・濱野の製品は(といってもまだ手にしていないけど)買う段階からワクワクして、やっと手にできるから大切にする。物を売っているようで実は濱野の心と商品に関わるストーリーを売っているのかなって思います。

・・・早く届かないかな~!

|

« 幸せは感じるもの | トップページ | 大相撲初場所千秋楽 »

コメント

よさそうな製品ですな。でも私は財布は左利きに使いやすい
ものを探しております。財布に限らず多くの道具に求めます。
しかし現状はきびしく(大袈裟だなあ)、なかなか無いのよねー。

料理用のヘラなんかもカーブしてるやつにはほとんど無い。
右手用のでやってると不器用じゃないのに不器用に
見えちゃうんだから!(ほんとかあ?)
マイノリティーの宿命なのね・・・
でもやっぱりファミレスのスープのレードル(おたま)は
何とかして欲しい・・・

投稿: uosan | 2008年1月27日 (日) 18時01分

uosan
左利きの人は自動改札も通りにくいって、テレビでやっていたけど確かに世の中のほとんど全てのモノが右利きを照準にしてつくられているよね。でも、uosanがサウスポーだったとは、今まで気がつかなかった(苦笑)

投稿: 社長 | 2008年1月27日 (日) 22時14分

私も革製品が大好きです。でもお財布とか、高いからいつも安物で・・・って、そういうのは結局長持ちしないから、良いものを買って長く使うのがいいんでしょうね。使い込んだときの色合いがなんともいいですよね~。
uosanと同じく私も左利きで、小銭入れががま口になっているものは買いません。金具のひねりが逆なんですね。
どんな道具でも慣れですけども。それでも急須を左で持って注ぐと逆手になっていて我ながら変だし、行儀が悪く見えるのが難点です(^^;)

投稿: Kay | 2008年1月30日 (水) 15時05分

Kayさんもサウスポーなんですね。同じようにちょっとした不便を
感じてらっしゃるのね。ほんと慣れてしまうとそれなりに使いこなすので、社長もサウスポーだと気付かないくらいなんだな。
子供の頃から、今も会社で、定規は15センチのところから線を
引いてるのです。(ちょっと想像してみて!)
時には15センチから引き算もしながら引いてるのです。
(ご苦労なこった)
社長、いっそのこと、左利きに優しいホテルも考えて~

投稿: uosan | 2008年1月30日 (水) 20時23分

uosanは字を左で書いていらっしゃるのですね。…って、左利きなんだからそうでしょって(笑)私はどうもごちゃ混ぜ人間らしくて、字を書くのとお箸は右なんです。でも線を引くだけだと左…。包丁も、皮むきは右で切るのは左。親が無理に矯正したわけではないので、どこでこうなっちゃったのか謎です(爆)
今日、お財布を物色したんですが、どれもこれも小銭入れのチャックが開けにくい←これは左手の担当(涙)

昔は左利き用の道具は値段が高い上になかなか売ってなくて大変でしたが、最近は右利き用のものと同じ値段設定で普通に売っているものが増えましたね。はさみとか。でも右利き用を逆に使うことに慣れてしまったので、いまさら左利き用を買おうと思わないものが多いです。
総じて左利きの人の右手は、右利きの人の左手よりも器用な場合が多い気がします。だから案外右手の使用率も高くて、見てても気づかれないものかもしれませんね~。

左利きに優しいホテル…って、どんな?(笑)
はさみ、缶切り、定規などの左利き用も揃っているとか?(ホテルでお客さんが缶切りを借りることがあるかどうかは謎)

投稿: Kay | 2008年1月31日 (木) 00時56分

いいえ、字は右なんです。字だけ矯正したら、ごちゃ混ぜになってしまったんです。絵は左。箸も左。
刃物類はハサミ・包丁以外全部左です。
(そんなこと言われてもややこしい・・・)

何年か前突然、母がドイツ製の左利き用のハサミを買って来てくれました。しかし、もう数十年も右用を使ってるのでかえって使いにくくて無理でした。子供の頃はそんなのなかったから・・・
親でさえ解ってないもんなのねー。
左利きに優しいホテル?ほんとどんなんでしょうね?(無責任!)
もち、部屋には左用の急須もあって、バイキングではレードル、
ランチではバターナイフもそろえてあるような。フォークだってよく見るとケーキ用は右用が多いので、左用があったら感心するかも。
妄想は膨らみます。定規があったら失敬しちゃいそう・・・

投稿: uosan | 2008年2月 1日 (金) 21時28分

…字を右で書く左利きに気づく人は少ないです、uosan(笑)
だから社長もお気づきじゃなかったのでしょう。
でもたいていの場合、消しゴムをどちらの手で使うかで
わかりますね。
(右利きの人は右で書いて、右で消すので)


定規を失敬、、、
ホテルの備品を持ち帰ろうとしてるお客さんがいます、社長!!(笑)

投稿: Kay | 2008年2月 2日 (土) 01時37分

uosan、kayさん
お二人の盛り上がりに負けていられないのでブログ記事自体で応戦(?)してみました。どうかしらん??

投稿: 社長 | 2008年2月 2日 (土) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 革小物好き:

« 幸せは感じるもの | トップページ | 大相撲初場所千秋楽 »