« 革小物好き | トップページ | 迷惑メール »

2008年1月27日 (日)

大相撲初場所千秋楽

モンゴル勢同士の戦いになった今日の初場所千秋楽結びの一番、見応えありました~。白鵬と朝青龍のどちらも譲らぬ、横綱同士の戦いに相応しい一戦でした。解説をしていた舞の海さんが「観ていて疲れました」とコメントされていましたが、その気持ちがよくわかります。白鵬の「休んでいた横綱には負けられない」という一言に思わず拍手してしまった・・・別に朝青龍がキライというわけではないのですが、一連の騒動をみていて、このまますんなりいって欲しくないという思いがどこかにあり・・・やっぱり横綱にはそれなりの品格をもってもらいたいと思っている自分に気付かされたというか・・・もっとも過去の歴代横綱の方が全て品格があったのかというと、そんなことないと思いますし、今回ほど報道で騒がれなかっただけでもっとヒドイ人(失礼)もいたのかな、という気もしますけどね。

でも、今日の一番は両者に拍手と感謝をしたいような一番だったので、これからの白鵬、朝青龍、両横綱には更に頑張って頂きたいと思います。それにしても、それ以外の大関陣にはもっと頑張って盛り上げてもらいたいなーー。

|

« 革小物好き | トップページ | 迷惑メール »

コメント

今流行の『・・・の品格』、そう『横綱の品格』ね!

投稿: Harry Futittah | 2008年1月27日 (日) 23時27分

Harry Futottahさん
人の品格を云々いう前に「自分の品格」を磨かなきゃいけないんですよね。わかっているんだけど、ついつい自分のことは棚上げしてしまいます。
余談ですが、この一戦についてやくみつるさんがテレビで「相撲は本来、日本の国技として技や精神力の強さを競うもので、良役、悪役に分かれること自体が情けない・・・」ってコメントされていましたが、思わず「その通り!」って言ってしまいました~。

投稿: 社長 | 2008年1月29日 (火) 02時26分

白か!青か!とどきどきしましたねー。
思った以上に楽しい場所になってよかったよかったと思っている私。来場所も応援しますよっ!
やっぱり横綱が憎たらしいほど強くなきゃ面白くないわっ。
Harry Futottahさんがおっしゃる通り、勧善懲悪で相撲をかたづけるのは面白くない。
やくみつるさん、たまにはいい事おっしゃりますね。
昨今の騒動は相撲をよく知らないマスコミの記者が大げさにことを書いている感もあります。
功罪はマスコミに多々あると思っています。
本当に「国技」だと思うなら、よくよく理解して欲しいナーと思う、底の浅い記事が多すぎるとがっかりしています。
桜塚やっくんに「がっかりだよ!」と叱ってもらいたいです。

投稿: yuriyurikk | 2008年1月29日 (火) 23時25分

yuriyurikkさん
確かにマスコミの報道の在り方にも問題が・・・・でも、それは相撲だけじゃないけどね。書くならそれなりのお勉強してほしいものです。なんちゃって~

投稿: 社長 | 2008年2月 2日 (土) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲初場所千秋楽:

« 革小物好き | トップページ | 迷惑メール »