« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

3月も終わり・・・

早いもので3月も今日で終わり、1年の1/4が過ぎてしまいました。「継続と挑戦」をテーマに掲げながらも、毎日の忙しさに流されている自分を反省。でも、ブログはなんとか続いているから、その点は良し!としよう。明日からは新年度、お正月とはちょっと違う新しい気持ちで頑張ろうと思います。もっともフェイスアップは2月末が年度末なので既に新しい期が始まっています。根拠はまったくありませんが(苦笑)今年は何かいいことがありそうな予感がしているので楽しみながら毎日過ごしていくつもりです。大きな喜びがなくても毎日楽しく仕事ができたら、それは最高に幸せなことだしね。うん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

函館離陸

あっという間に母と姪の2泊3日函館滞在は終了し、先程無事に帰っていきました。きっと今頃はもう家に着いている頃でしょう。K支配人の計らいで昨日は1日休みを取り市内観光(実は私にとっても初観光)、今日も帰りの飛行機が見えなくなるまで見送るなーんてことまでしちゃいました。でも、昨日の観光で一番、姪の心を奪ったのは旧イギリス領事館の前をねぐらとしている野良にしては毛並みの良い猫3匹だったんです。そのうちの1匹、以前、実家で飼っていたのとそっくりな黒猫(だいたい和猫の黒はどれもそっくりだけどさ)がとても人懐っこくて、スリスリ寄ってくるので姪はそこから離れません。函館開港の歴史も名所旧跡も猫に勝てないとは・・・確かに可愛かったけどね、猫。
市内をぐるりとまわり、夜は海の幸を満喫し、そして何故かカラオケへ・・・(血は争えない?)マイク不要の大音量で1.5時間しっかり歌い2日目が終了しました。最終日の今日はホテルでゆっくり朝食を食べてもらい、14歳と71歳は仲良く最後の観光へ。「どうだった?」と訊いたら摩周丸でモールス信号をうちまくり、鐘を鳴らしまくってきた、だそうな。お土産もまりもをはじめ、お小遣いの範囲の中であれこれと悩みながらも色々ゲットできたみたいだし、私もガイド役をなんとか無事務めることができホッとしています。

ショコラの皆さんにも可愛がって頂き、本当に感謝です。私も楽しい3日間を過ごさせてもらいました。ありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

函館上陸

姪と母が二人で仲良く函館にやってきました。私は今日、泊まり番なのですがショコラの皆さんのご好意で夜、しばし抜け出して函館山へ・・・夜景はもちろんキレイでしたが、姪の心をつかんだのは・・・・「まりも」でした。真剣に選ぶこと約20分。小さな瓶に入ったまりも2個とまりもの餌となる(らしい)ミネラルを含んだ石をお買い上げ~。あ、念のため書き添えておきますが、まりもっこりではありません。まりもっこりを欲しがるよりはちょっと安心(笑)姪が今どきの典型的な中学生なのかどうかはわかりませんが、一緒にいると面白い。函館山のお土産屋さんをあんなにじっくり見たのは初めてでしたし、目につく物がまたこちらからすると新鮮なんです。71歳、41歳、14歳で明日1日どんなオモロイ話がでるか楽しみです。

タクシーから降りるときにちゃんと運転手さんにお礼を言っているのを聞いて、心の中で「よしよし」、母親(つまり私の姉です)へのお土産を真剣に探している横顔をみて、心の中で「よしよし」・・・声にこそ出しませんが、自分が結構「おばばか」であることを発見しました。いやぁ、かわいいもんですね、姪っ子。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

同窓会総会出席のススメ

東京に学校の同窓会総会通知が来ていました。ここ数年、ビジネスフォーラムの実行委員をやっていることもあり、同窓会活動にできるだけ参加しようと思っているのですが、昨年は同窓会総会も文化祭も行けずに終わってしまいました。今年も同級生のuosanから「行くの~?」とメールをもらった時点では無理そうだったのですが、調整していったらその日の最終便で戻れば良いことになりギリギリ参加できそうなので出席することにしました。
総会に出たからと言って何か特別なことをするわけではないのですが、やはり母校は大切ですし、少しでも参加の機会をもちたいと思っています。

そんなワケでこれを読んだ恵泉卒業生の方は万事お繰り合わせの上、総会にご出席くださいマセ。4月26日です!って私が言うのもヘンな気がするけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

春ですねー

東京は暖かいですねー。もう桜も色々なところで満開に近い状態で、わずか1日の滞在でしたが春を感じることができました。函館に春が来るのはもう少し先です。でも、1年に2回桜が楽しめるのは贅沢です。(1年に2回歳を取る・・・わけではありません)

200803261134000 明後日から姪っ子と母が函館に来ます。姪が生まれてすぐ私は上海に行ってしまったので、姉が私のことを覚えさせようとオークラの同僚が餞別プレゼントとしてくれたオラウータンの子供のぬいぐるみを「とんちゃん(私のことです)はこんな感じだよーー」って教え続けたせいか、最初の帰国時に対面したときに、姉が「ほら、とんちゃんだよー」って言っても、そのぬいぐるみを持ってきて「こっちがとんちゃんだ!」と言わんばかりの表情でじーっと私とぬいぐるみを見比べていたのが忘れられません。それ以降、しょっちゅう会うわけではありませんが、たった一人の姪である上に行動パターンや雰囲気が私に似ているようで・・・(良いか悪いかは別として・・・)やはり「カワイイ」ものであります。

そんなわけで、明日からの3日間をとても楽しみにしています・・・・あ、でも一番ウキウキしているのはお母さん、あなただと思いますよ、はい。200802042106000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

ン年ぶりの再会が実現しそうです!

今を遡ること16年前の夏に1ヶ月半スイスのローザンヌにあるホテルスクールに会社から行かせてもらったことがありました。16年・・・・ひゃあああ!そんな昔のことなんだ。ビックリ。「光陰矢のごとし」とはよくいったもので、そんなに時が過ぎていたとは・・・つい昨日とまではいかないものの10年くらい前かと思っていたのにな~
時の流れが残酷なことは横に置いといて・・・そのとき日本からの受講者は私を含めて6人でした。今はなき大阪のプラザホテルから来ていた女性と藤田観光から二人、ニューオータニから二人、そして私というメンバーで歳も経歴もバラバラなのに何故か仲良く、毎晩のように酒盛りをして楽しい毎日を過ごしていました(・・・って勉強しに行ったんじゃないんかい?!)中でも藤田観光から参加されていたMさんとKさんにはとても可愛がって頂きました。そのMさんが藤田観光の社長になられたのが昨年のこと。お会いするときはいつも漂漂とされているので、あまり出世には興味がないのかと思っていたのですが、順調にステップアップされ(もっとも、傍から見ているだけでは何も御苦労などに気づかないだけだったのかもしれません)、専務になられたのをお祝いしなきゃ、と思っていたある日のこと、羽田空港のラウンジで読んでいた日経に写真入りで社長交代のニュースがでているのを見てビックリ!!社長に就任された方の健康問題で繰り上げ登板となったそうですが、きっと色々激動の日々を過ごしているんだろうな~と思っているうちに、今度は会長に就任されるそうで、またまたビックリ。一部上場企業ともなると大変なことも多いのでしょう。社長就任時は週刊誌にも出た位だったので、そんなときに連絡してもかえってご迷惑かと思い、「そのうちに」と様子をみているうちに日ばかり過ぎてしまいました。先日、思い切って久しぶりにメールを送ったところ、早速返信があり4月にン年ぶりに再会する予定です。こういうときに間髪入れずに返信があるのはとっても嬉しいですね。今から楽しみ!

何年もお会いしていないのに会った瞬間、ブランクを感じさせずにすっと会話に入れるご縁があるのは本当にありがたいし、これからも大切にしていきたいと思いマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

父のことを少しばかり・・・

先日、K支配人のサプライズパーティーのときのことをこのブログに書いたとき、ショコラの日勤スタッフを「美女3名??」と書いたところ「??」とはどういうことか?という苦情を約2名から頂きましたので訂正させて頂きます。ショコラの日勤スタッフは美女3名です、はい。

さて、今日のインターネット上のニュースでりそな銀行が大手町の本店を売却して江東区木場に本社を移転させるという記事が出ていました。りそな銀行はもともとあさひ銀行でその前は協和銀行と埼玉銀行でした。私の父は協和銀行の出身でして今の本店を建設する際は準備室長をさせて頂いていたので売却されるという話を聞くと、直接自分が携わっていたわけではないのに何ともいえず感慨深いものがあります。父は途中で関連のクレジットカード会社に移りましたが、その会社は今はなき東京駅丸の内口の新丸ビルにありました。時代の流れとはいえ父が社会にでて働いていた場所が少しずつ縁遠くなっていくのは寂しい気もします。本当に単なる私的な感傷にすぎないとはわかっているんですけどね・・・でも、不思議なもので生前はそんなに話をしなかったのに亡くなってからの方が色々と父のことを考えたりします。「孝行したいときに親はなし」この言葉の重みは親を失わないと実感できないものなのかもしれません。ただ、どこかで今も見守ってくれているでしょうし(都合良い?)感謝の気持ちを忘れずに、折にふれては考えたり思いだしたりする限り父の思いは消えないで、自分の中で生き続けるのかなと思っています。なんてお線香あげるときは頼みごとばっかりなんだけど・・・

早いもので父が亡くなってもうすぐ5年が過ぎようとしています。もし、健在であったら今日のニュースをどういう思いで聞いたのかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

聖☆おにいさん

スタッフのご家族にご不幸があったりしてバタバタしておりました。大丈夫です。まだブログ離脱しておりません(笑)

実は今度の金曜日から2泊3日で母と姪が函館に来ます。71歳と14歳だとどちらが引率になるのかな~。姪はにとっては初めての飛行機です。最近の若いモンにしては珍しく?「あんな鉄のカタマリが飛ぶなんて信じられない」と言っているそうですが、母は今から「ルンルン」(死語ですね)です。私も姉をすっとばして母と姪と3人でどんなことになるのやら今から楽しみです。

そんな姪と姉とハマっているのがモーニング2で連載されている中村光さんの漫画「聖☆おにいさん」です。簡単に説明するとブッダとイエスが現代社会、しかも何故か日本の立川でアパートをシェアしながら休暇を楽しむという設定のコメディです。より楽しむためには歴史やブッダやイエス・キリストに関する知識があった方が良いのですが、ほのぼのしていて爆笑できるおススメ漫画です。敬虔なクリスチャンの方や熱心な仏教徒の方にとっては好ましくない内容なのかもしれませんが、知人のクリスチャンには受けていました。コメディ漫画がお好きな方、うまい具合に肩の力を抜きたい方、ご一読あれ。ちなみにこの漫画を教えてくれたのはK支配人です。結構漫画好きです、はい。

今日の函館は穏やかな素晴らしい晴天でした。あともう1回くらい雪が降ると言われているけど寒い冬もそろそろ終わり・・・かな。毎度、同じことを書きますが、是非、函館にお越しくださ~い。お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

新しい名刺入れが届いたよ

1月26日のブログで書いた名刺入れが2月末に到着しました!わーーい!!既に2週間ほど使用していますが、少~しずつ少~しずつ手に馴染んでくる感じがたまりません(嬉)100枚入るマチ付なので結構なボリューム感があり最初は「やっぱり薄い方にしておけば良かったかな」と思ったのですが、使い始めるとイイ感じです。200803161037000 ポケットが膨らむのが難点といえば難点かな。でも、光沢感が何とも言えず、つい手でスリスリと・・・(笑)こうなると普段の使い方から丁寧になるから勝手ですよね。かばんに入れるときも他のものとぶつからないように気をつけてみたり、キズがつかないように、つかないようにと注意して使っています。そうはいってもそのうちキズつけちゃうでしょうけど、そのキズも味になってくるように大切に愛用したいと思います。あとはごま油の皿に落としたりしないように気をつけなきゃね。次はお財布を換えようと計画中です。やっぱり革小物はいいな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

中身じゃなくてキモチが大切・・・なのかも

誕生日当日は移動日で函館~羽田、羽田~小松と2回飛行機に乗りました。乗る機会が多少多いせいか、機内でキャビンアテンダントの方にお祝いの声をかけて頂きビックリ!思いがけない人からお祝いしてもらうのも嬉しいものですね。でも、ギフトに頂いたのがどちらも飛行機のオモチャで(笑)、そりゃーエアラインなんだから飛行機のオモチャなのは当然なのかもしれないけど、ちょっと笑っちゃいました。これって全身シャネルのスーツでバシっとキメている人にもおもちゃなのか、はたまた外見から判断されたのか・・・

200803151514001_2

200803151514000大きいビニールの飛行機が小松に行く途中に頂いたもので、横に添えてあるカードと小さな飛行機が函館からの機内で頂いたものです。。「これ、もらってもなーーー」と言ってしまえばそこまでですけど国内線はせいぜい1時間ちょっとのフライトなので皆さん忙しい中、それぞれ手書きでメッセージが書かれているところがスゴイ。同じサービス業に従事する者として学ぶところがありました。気持ちをカタチで示すということも必要なことなんですね。ただ、やる側の自己満足にならないように気をつけなきゃ、とも思います。このあたりのさじ加減が接客業などの「人との関わり業」には大切だと思います。あ、別にANAのキャビンアテンダントの方を批判しているわけではありません。はい。嬉しい気持ちと考えさせられる部分と沢山の刺激を頂いたことにただただ感謝です。ANAのキャビンアテンダントの方々、ありがとうございました!(・・・ってこれも携わった人誰も読まないと思うけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

窓に激突したのは・・・

2月最終週から3週続けてお邪魔した奥会津2泊3日研修シリーズも無事終了いたしました。桧枝岐村の皆さん、三島町の皆さん、色々とお世話になりありがとうございました。そして、今回主催された只見川電源流域振興協会の方、このご縁をくださったJTB能力開発様にも感謝!です。日本はまだまだ広いということ、どこにいっても何をするにも結局は「人」なんだ、ということを再認識できたのは私にとってとても有り難いことでした。おかげで「感性」というアンテナがきちんと機能する人間でいたいという自身のありたい姿やそういう人達を応援していきたいんだという仕事への思いが確認できたと思います。やっぱり、足を運んでその場で一緒に時間を過ごしたり、体験したりしてわかることは理屈じゃなくて心に落ちますね。

研修内容とは直接関係ないのですが、桧枝岐村の研修中に突然「どしん!!」という音が(驚)何かと思いきやガラスの存在に気付かないで飛んできた雉が窓に激突した音だったんです。よくぞスピードを落とさずあの勢いのままぶつかったもんだ・・・きっと、今頃誰かの食卓に???私も色々な場所で研修をさせて頂いてますが、講義中にこんな経験したのは初めてでしたが(笑)、これも良い思い出です。

研修受講者の皆さんの「本気度」が実現する頃、今度はもうすこしゆっくり桧枝岐村と三島町を訪れたいと思います。それまで、皆さん頑張って下さい!!(・・・って読んでる人いないかもしれないけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

今日は・・・

・・・と言っている間に日付が変わっちゃいましたが、41回目の誕生日でした。出張で金沢に来ています。飛行機に乗ればキャビンアテンダントの方からお祝いしていただき、大勢の方からお祝いのメールやギフトを頂き本当に感謝しています。誕生日は幾つになっても嬉しいというずーずーしいワタクシでございますが、本当に周囲の方々に大事にしてもらってると実感しました。本当にありがとうございます。そして、皆様、どうぞこれからも宜しくお願い致します!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

サプライズパーティー大成功!

昨日はK支配人のサプライズバースデーパーティーを開きました。この計画を2月初旬からこつこつと、しかもバレないようにショコラの日勤スタッフ(美女?3名)と進め、会場となったホテルのマネージャーさんにもご協力を頂き、無事、びっくり大成功、楽しいひと時を過ごせました。日頃から本人が何気なく「こういうのが好き~」とか「これ、いいな~」などと呟いているのに耳をそばだてプレゼントを買い、手作り料理やケーキを用意し、と、ここまでの計画はすんなり決まり準備もでき、あとはホテルへ誘き出す(表現は悪いけど・・・)だけ、となったところで問題が!そのホテルは長期滞在もできるようにお部屋で料理が出来る設計なので、レストランはカフェがあるのみ、だからこそ5人でプチパーティーができるようなお部屋もお持ちなのですが、そんなホテルに突然私が「ねえ、今日どうだい?」なーんて誘ったら完全にオヤジ度300%、というよりかなり怪しいことになってしまいます。そこで、件のマネージャーさんと事前に打ち合わせし、そのホテルの試食会に参加してもらうということにして、誘い出しをして頂いたのです。でも、本人、あまり乗り気でなく(そりゃ、土曜の夜の試食会って?って感じだもんね)、当初「行かない!」と言いだし、奥会津で一人夕飯を食べていた私を困らせてくれたのでした。何とか説得し無事に部屋まで辿りつき、扉を開けて部屋に入ったそのとき、既にスタンバイOKで待ち構えていた美女?(?に深い意味はございません)3人とご対面!私は後ろにいたので残念ながら顔が見えなかったのですがまさに「鳩が豆鉄砲食らった」状態だったそうです。いや~時間をかけて準備しただけの成果がありました。ご協力いただいた皆様、ワインの差し入れをしてくれたKさん、ありがとうございました。

良い意味で人を驚かすのは楽しいモンですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

祝!?ご卒業

岡山から始まり先週に引き続き奥会津で研修をした帰りの新幹線の中です。来週まで旅が続くのですが、ゴールが見えてきたので少しホッとしています。出張中は規則正しくご飯を食べるし普段よりは睡眠時間も取れるので案外健康的かも。でも、やっぱり疲れるものです、はい。
今回は岡山に行く飛行機でオークラの会長と一緒になりもうビックリ!お会いするのは5年振りでした。機内では隣同士ではなかったので、いつも通りグーグー寝てしまいましたが(苦笑)着陸してから出口までご一緒させて頂き(!)「おぅ、お前さん、今何してんだ?」と訊かれ簡単にお話し、「名刺持ってんのか?」と言われお渡ししたところで出口到着。会長は当然の如く待ち構えていたお迎えスタッフと共に去り、私はレンタカーの手続きへ・・・在職中は色々と思うところもありましたが、今の自分があるのは、やはりオークラのお陰だと思い懐かしさを感じた一時でありました。そういえば、オークラ時代を共に過ごした仲間のKちゃんが今日でオークラを卒業します。先に私達(TさんやK主任講師などなど)が辞めてしまい、寂しい思い(笑)をしていたようですが、はれて(?)卒業生の仲間入り・・・オメデトウ・・・残るは秘書室の華Eちゃんだ!頑張って定年目指せよ〜(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

ビジネスマナー教室やります!

今夜は東京です。と、いっても明日の朝には岡山に向けて旅立ちますが・・・そして明後日から再び奥会津2泊です。そんなことしているうちに41歳になっちゃうんだろうな~(苦笑)子供の頃は誕生日がなかなか来なくて待ち遠しかったんですが、最近はあっという間に1年が・・・でも、私は同級生の中では最後に歳を取る方なので良しとしておきましょう。(小さいことにこだわりすぎ?だよねぇ)ちなみに誕生日の夜は一人金沢で迎える予定でございます。ちと寂しい気もしますがお仕事があるのはまこと、有難いことでございます。

先程、事務所に戻ると恵泉 銀座センターから春講座のパンフレットが沢山届いていました。ご縁があって5月~7月の3ヶ月間、月2回講座を持たせて頂きます。タイトルが我ながらスゴイ!(笑)

「成功するビジネスマナー~幸せに生きるために~」

ジャカジャーン♪・・・かなり強気なタイトルですが、内容は気軽に受けられ、楽しんで頂くうちにマナーが身につく(或いはおさらいできる)ように構成しております。私だけだと「成功」しないかもしれないし、それだとご出席頂く方の不利益になりとてもマズイので主任講師のKさんにもお手伝い頂く(というより私が手伝い?)ことにしています。興味のある方は是非、ご参加下さいませ。お待ちしております。今まで、色々な企業様、自治体様でさせて頂きご好評頂いている内容をアレンジする予定です。

それにしてもこの講座案内に掲載している写真がこれまたスゴイ・・・どうスゴイかは直接見てご判断頂きたいと思いますが、自分で自分の写真を見る勇気が私にはありません、はい。でも、「どうだ~!!」度はK講師の方が勝っていると思いマス。やはりこれくらいの押し出しがないといけませんね。何はともあれ、それぞれの個性を大切に頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

飛行機に乗り込むときに感じたこと

仕事柄、ということもあるのかもしれませんが、サービスの現場で起こることに自然と目が向いてしまいます。だからといって、そこで感じたことを口にするわけでもなく、後々の研修や講演で「ネタ」として使えるようにそこで気づいたことや自分なりの考えをまとめておくくらいなのですが、先日、羽田で飛行機に乗る時に、今のANAとJALの勢いの違いのようなものを感じることがありました。あくまでも、ある瞬間を捉えただけの話なので主観に基づいてはいますけど・・・

飛行機に乗る際に利用する可動式の通路、ランディングブリッジというらしいのですが、それを通りまさに機内に入ろうとするところに飛行機の扉を開け閉めし、ランディングブリッジを操作するエンジニアの方がいます。ANAのエンジニアの方は笑顔!とまではいかないものの乗客に対して「いらっしゃいませ」とか「おはようございます」と声かけをしています。立ち姿もスマートではないかもしれないけれど、ちゃんと(?)待機の姿勢を維持しています。最近では女性のエンジニアの方も増えてきていて、彼女達の方が男性エンジニア(特におじ様方)より接客に対して抵抗がないらしく、アテンダントと同じように挨拶をしてくれる人もいます。そういう意味で接客業の基本が徹底されている印象を常々受けていたのですが、先日JALに乗ったときに、エンジニアの方がなんと操作盤に寄りかかり、目を閉じたままでいるのを目撃(大げさ?)し、ビックリしちゃいました。それも疲れた様子を隠すでもなく、むしろ「あ~あ、かったるいぜ」という声が聞こえてきそうな感じ(苦笑)・・・確かに彼の仕事は接客ではないかもしれないけど、やはりそういう態度では信頼感とか安心感を与えられるものではありません。そんなわけで現場の隅々にまで気が配られているかが会社の勢いにも関係するのかな、と思った次第です。ま、そんなことは、ほんの小さな事柄で気にしない人の方が多いのかもしれないけど、些細なことだから気を使うべきだと思うのは私が小さな人間だからなのかな~。でも、一事が万事という言葉もあるしね。少なくとも私がANAからJALに鞍替えすることは当分なさそうです。

でも、JALはやはりナショナルフラッグで伝統あるブランドなので頑張ってほしいです。なーんて評論家めいたことを言っている場合ではなく、まずは自分がいつ、いかなるとき、場所でもきちんとした対応ができるような人間でいなきゃね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »