« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

今年もあと2か月!

10月も終わり今年も残すところあと2か月となりました。早いねぇ。「継続」と「挑戦」をテーマにしてきた2008年ですけど・・・ブログも最初の勢いはないものの、まあ、なんとか「継続中」です。こういう仕事をしているとお客様、クライアントのことは書けないので、何を書こうかということで毎回悩んでいます。「これ、書いたら面白いんだろうけどなー」っていうのはあるのですが、やはり商売上の仁義は守らなきゃね。一方、「挑戦」については、まさに今挑戦中のことがありまして・・・もうすぐ目処がついたらブログに書きますが、今年はこれが「挑戦」だったのかと思うほど、苦労しています。ははは。

今日は以前からブログにも何度か登場しているT夫妻が東京からやってきました。奥様のご両親が大沼にいらっしゃるということで、残念ながらショコラに泊まっていただくことはできませんでしたが、久しぶりに小一時間・・・奥様のご両親もご一緒だったので「オネエ言葉」は封印して、それでも楽しいひとときでした。T夫妻については2006年2月12日のブログをご覧くださいませ。(宣伝してどうする?)

夜になって風が強くなってきました。函館は朝晩ストーブをつけずにはいられない季節になっちゃったな~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

何でも他人のせいにしない

「守る」ということについて、時々考えることがあります。自分の大切なものを守る・・・価値観であったり、人であったり、時間であったり、物であったり・・・大切なものの定義も人それぞれだと思いますが、それを失ったときに周囲のせいにすることはしたくないなーと漠然と思います。自分にとってかけがえのないものならば、自分で守ろう、人に依存するのややめよう・・・いたってシンプルな考え方だと思うのですが、どうでしょう。ま、失敗を他人のせいにしない、と言い換えても良いのかもしれません。先日もある方が会社を辞めた理由として「会社が自分を使いこなせなかった。そんなところにいては自分の価値が下がってしまう」と話されているのを聴きながら「そんなんでこの先大丈夫なのかな~」と他人事ながら心配してしまいました。もっともご本人にしてみれば余計なお世話なんでしょうけどね。
精神的自立とは「人のために役立ちたい」と思ったときに、自己の利益ではなく他者の利益のために喜んで行動することで得られる(念のため補足すると妙な犠牲者精神とは違いマス)と常々意識しておりますが、それ以前にうまくいかないときに他者を批判して、わが身の不幸を嘆くだけの、自己責任すら果たせないような人間にはなりたくないな~と思うものであります。例えば、ラーメン屋さんでラーメン食べていてスープで舌を火傷したときに「スープが熱いからだ!金返せ!!」って怒るみたいな・・・って例えのレベルが低すぎ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

歳をとるという本当の意味?

最近、白髪が増え、気がつくと新聞を少し遠ざけ気味に読んでいたり・・・と40を過ぎたことを実感する回数が増えています。ブログにもしょっちゅう歳のことを書いてしまい、書けば書くほど老けていくようで「自ら認めちゃいかん!」と心を新たに(?)気だけ若く(??)頑張っています。実際、まだまだ歳を嘆く程熟成(笑)されてもいないしね。そんなこんなで先日の体育の日にショコラのKちゃんと一緒に五稜郭タワーの階段451段登りにチャレンジしてきました。451段というイメージが具体的につかなかたのですが、いざ、やってみると10分程で登頂(?)成功。あっけないくらいで「こんなもん???余裕じゃん」などとえばっていたのですが、今朝、実家から駅まで行く途中にふと「そういえばこの道のりを昔は3分くらいで猛ダッシュして会社に行ってたんだな~(ちなみに徒歩10分弱、距離にして800~900メートルくらい)いや~今となってはムリムリ。ハナからそんなことやろう、と思わないもんね」と思っている自分に気が付き、もしやこれが「歳をとった」ということなのか、と別の角度から愕然としたのでありました。歳をとるということは体力、精神力どちらもチャレンジする前に諦めてしまうことなのかも・・・ひょえ~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

尻に火が点くなんてモンじゃない。

ひゃ~あっという間に時間が過ぎていきます。今まで以上にデスクワークが溜まっていてどうしたら良いのかわからない・・・「尻に火が点く」などという表現はもはや手ぬるい感じです。「尻が燃えてなくなった」という感じ?なんでこんなに忙しいかは、そのうちブログに書きますけど、今はひたすらパソコンに向かって頑張るのみです。でも、研修があったり、会議があったり、もちろんショコラのこともあるし・・・あと10日間位は観念して頑張りま~す・・・なーんてこうなったのは全部自分が招いたことなので、誰のせいでもございません。そんなときにタイムリーに今の私の状態を的確に表現している写真を姉が送ってくれました。イイ感じで脱力できるので載せちゃおう!お姉ちゃん、ありがとう。Neko7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

なんか腹立つ・・・

昨日、朝一便で函館に戻りました。土曜日は朝6:40羽田発の乗ることが多いのですが、昨日は搭乗してから小一時間も出発が遅れました。コックピットの部品交換だって・・・って客を乗せる前にわからんのかいな~と思いながらも、待つしかないのでおとなしく(当たり前?)座っていました。それにしても飛行機が整備不良で遅れるときって、皆さん謝ってくださるんだけど、どこかに「墜ちたらみんな大変でしょう?だから文句言わずに待っててね!!!」っていう空気を感じるのは私だけかしらん。

で、ショコラに遅れることを伝えるべく飛行機を出たところで電話しようと思い、席を立ち外に出た瞬間、後ろから私を追っかけてきたCAの方が「お客様!!携帯電話は外でお願いします!」って・・・・えええ??ここは外じゃないの????思わず「ここは外じゃないんですか??」って(たぶん顔がムッとしていたと思います…未熟だねぇ)訊いたら「はい、こちらでお願いします」だって!!おいおい、日本語の使い方わかってんのかいな。そういうときは「ご協力ありがとうございます」とか「ご移動頂き恐縮でございます」とか言っても罰はあたらないと思うんだけど・・・ま、いちいちこんなことで腹を立てたらいけないと思いつつ、小さなイライラが重なった後だったのでガックリ。その後、50分遅れで飛行機は無事に飛び立ち、風向きが良かったのか35分遅れで到着しました。

それにしても、ものの言い方一つで嫌な気持ちにもいい気分にもなれるのですから、自分も言葉は選んで使わないといけないな~と思いを強くしたのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

虹!

Image001 今日は三連休初日ということもあり、ショコラも満室です。ありがたや・・・ただ、お天気が今ひとつハッキリしません。悪いわけではないんだけど、お天気雨が降ったりして・・・でも、夜勤のKさんが出勤途中に虹を発見、写真に収めてきてくれました。どうやら運転しながら窓から携帯を出し後方に出ている虹を撮るという離れ業をやってのけたらしい・・・そんなわけでたまには写真を載せてみようと思います。Kちゃん、サンキュー♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

福島での講演と電車移動

今日は福島で講演をさせて頂きました。去年も呼んで頂いたところで2年続けてお話できるのはとても有難いことです。その講演では小さなこと程・・・例えば挨拶とか何かをしてもらったときに、きちんと「ありがとう」ということ、1日1回は自分の部下やスタッフに自ら声をかける・・等、続けることが大変であり、大変が故に続けると必ず組織やチームの風土や文化に良い影響を与え、それが業績にも影響してくる・・・という内容を土台にしたものでした。私がお話しすることは目新しいこと、というより普段忙しくてついつい忘れている、でも大切だよね、っていうことの思い出し作業みたいなものなんですね、はい。

で、普段は講演後東京に戻り、翌朝、飛行機で函館に帰るというパターンをとるのですが、今日は夜10時頃には函館駅に着くことができそうだったので、電車で北上していくことにしました。朝、東京から新幹線で福島へ、そして講演後に福島から函館へ、と合計7時間位は電車に乗っていたことになります。鉄道マニアみたい?ですが全然退屈しませんでした。特に青函トンネルを電車の先頭車両(普通の電車だと運転手さんの席に位置するところ)から見ていたら結構幻想的(?)で思わず写真を撮ろうとしたくらい(苦笑)。もちろん暗くて写りませんでしたけど。そして五稜郭タワーが遠くに見えてきたらホッとした自分がいたりして・・・こういうのは飛行機に乗っているとあまり感じることがないので、たまには電車旅も良いかな~と思いました。次回はいつそんな機会がくるのかわかりませんが、ヨーロッパでは3時間以内の移動なら電車を使う人の方が多いようですし、そのうち日本でもビジネス利用でも電車、という人が増えてくるかもしれませんね。実際、大阪へは飛行機より新幹線という人結構いるしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

違法駐車

函館からANAの最終便で東京へ、明日は2ヶ月に一度の病院です。ショコラには22台収容できる立体駐車場があるのですが、高さや幅、長さに制限があるため大きいお車でお越しのお客様の為にホテルから徒歩1〜2分のところにある屋外の月極駐車場を借りています。今日、屋外駐車場から戻られたお客様から「中途半端に停めてある車があるよ」と教えて頂き見に行くと、そこには函館ナンバーの車が2台ばっちり停めてあるではあ〜りませんか(古っ!)警察に来てもらいましたが私有地なので何もできないそうな・・・公道なら駐禁取れるから張り切ってくれたかもしれないけどね。結局、ワイパーに「無断駐車はご遠慮ください」という貼り紙をして、以前、用意してもらっておいた立て看板に注意書をつけてセットしてきました。なんか15分位ちょっと貸してね、位の可愛げがあるならまだしも何時間も、しかもホテルから見えないとこれを選んで停めてあるあたりかなり計画的なかほりが・・・いやだな〜こういう厚かましい人間にはなりたくないです。本当なら張り込みして「何しとんじゃい!」位言いたいところですが、やはりそこは接客業ですから(笑)ぐっと我慢してその人達が移動させるのを待つしかありません・・・それにしても、こういうことがあると公道だけじゃなく私有地も罰則の対象にしてほしいなぁと思っちゃいますね。心が狭い?イエイエ、何と言われても無断駐車だけはご遠慮願いたいものデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

清原選手引退!~お疲れ様でした~

昨日のオリックスvsソフトバンク戦はオリックスの今季最終ゲームであり、同時に清原選手の引退試合でもありました。清原選手がプロ野球の歴史に残る選手であることは間違いないと思います。(個人的にピアスはどうよ、不精ひげはどうよ、とは思いますけど、きっとそんなことは些細なことなんだろうね)膝の軟骨の手術から復帰したアスリートはいないそうで、本当に野球が好きで、その純真な思い故に色々な人達が集まってくるんだなーと、決してファンではなかったのですが、引退でこれだけ注目を集める選手はなかなかいないだろうと感動しながらYahooの動画を観ていました。

でもね、もちろん長渕さんが清原選手の兄貴分なのはよーくわかりましたけど、「とんぼ」1曲であそこまで引っ張るのはどうよーーって思った私は男同士の固い友情を理解しないヤツなんでしょうかね・・・ポリポリ。もちろん、歌手だから歌を贈ることが友情の証?というのも理解できるし、何より清原選手が望んだことであればとやかく言うことではないんだろうけど、興行ビジネスを見ている気になってちょっと興ざめしちゃいました。むしろ今日の主役は清原さん、と周囲に目立たないように行動したイチロー選手の方がよっぽどカッコイイというか美しいというか、場をわきまえた大人の行動というか・・・もっとも立場の違うお二人を同じ視点で見ることではないのだとは思いますけどね、はい。

ま、そんなことはどうでも良いとして「記録より記憶」に残る清原選手はやはり大スターだと思います。お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

バタバタしているうちに10月

9月後半は、いつも以上にバタバタしていたような気がします。今年の3月にお邪魔した奥会津の研修第2シリーズがスタートし、学校も始り慌ただしく過ぎていきました。その間「あ~、これブログに書こう!」と思うネタ(?)がいくつもあったのですが・・・頭の中の白い消しゴムが・・・残念。でも、気を取り直して先日電車の中で遭遇した二人のお母さんのお話を・・・

このところテレビドラマの影響もあってか「モンスターペアレンツ」という言葉をあちらこちらで耳にしますが、先日学校へ向かう電車の中で、もしかしたらこの方々(!)が該当するのかしらん?と思われる二人のお母さん(おそらく子供は中学生くらい?)と隣り合わせに座りました。会話の詳細は当然のことながらわからないのですが、そのけたたましさ、声の大きさ、一部理解できる言葉の恐ろしさ・・・いやはや・・・もう絶句の一言です。「○○ちゃんのお母さんはそこのところを理解していないのよーー。だから一度シメなきゃ(!!!)」(シメるって???サバじゃあるまいしねぇ。)「私、△△先生の言っていること、まったくわからない。なんでこんなアタマ悪い人が先生やってられんのか不思議~」(公共の場で周りの視線も顧みず大きな声で人の悪口をいうあなたの頭の中の方がわたしゃ、不思議だ)「私たちの言っていることが理解できないなら辞めさせるしかないわよね~」(ものすんごい権力もってるのかい??)・・・と、この調子で新宿から調布まで弾丸のようにお話されていました。

・・・こういう母に育てられると子供はどうなるのかな~、と思わず頭抱えちゃいました。もちろん一部分だけを取り上げて全てを判断することは適当ではないかもしれません。でも「一事が万事」という言葉もあるしね。何はともあれ、どんなときも周囲への気配りと節度だけは忘れないようにしたいものです・・・ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »