« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日 (火)

青函トンネル

青函トンネル
またしてもわかりにくい写真で恐縮ですがトンネルの最深部にさしかかるところの写真です。津軽海峡の水面から240メートル下がったところを走るそうです。すごいねぇ〜。これを越えて10分ちょっと行くと北海道側にでます。この2日間まさに鉄道オタクみたいなブログを更新しましたが、電車の旅はなんとなく余裕があっていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修終了

研修終了
これから東武線や新幹線や特急を合計6回乗り換えながら函館に戻ります。乗り換え時間が4分とか6分とかあるので改札が遠くないことを願いつつ頑張ります(笑)写真は帰路出発点の会津高原尾瀬口のホームです。のどかでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

写真、見えるかなぁ

写真、見えるかなぁ
今、新潟の小出という駅にいます。これから在来線に80分揺られて福島の只見というところへ行きます。二両編成のディーゼル電車でなかなかのどかですが車中は学生だらけで賑やかなこと…明日は朝から只見で研修をして、終わったら再び8時間電車を乗り継ぎながら函館に戻ります。相変わらず時刻表との勝負のようなスケジュールですが、秋から各地を巡る研修の旅が増えそうで〜す。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

魅力的な街函館

魅力的な市町村の全国1位に函館がなったそうです。
参考URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090911-00000022-zdn_mkt-bus_all
函館で観光に従事する人間にとっては嬉しいニュースですが、正直、こちらにいると実感がわきません。今回1位になった要因もどうやら「イメージ想起率」なるもののパーセンテージが高かったからのようでして・・・要するに魅力的なイメージがあるということらしいのですが、「イメージがあるなら脳内で終わらせずに実際に来てください!」という感じであります。もっとも私達も「魅力的な街1位、来てみてがっかりした街1位」にならないよう頑張らなきゃいけませんけどね。

そんなわけで、函館に魅力を感じている方は是非、足をお運びくださーーーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

心身の健康には寝て食べることが一番!

のりぴー(もう、こんな風に呼んでいいのかわからないけど)の捜査が終了に近づきつつあるそうですが、彼女が保釈を望んでいないというニュースを読みました。最初は、「おっ、反省しているのか?」と思ったのですが、次の瞬間「今、出ると騒がれるし、息子に会えないから」という理由をみてガッカリ(苦笑)結局、自分勝手なだけやん!と怪しい関西弁でツッコミをいれてしまいました。これを素直といって良いのかわかりませんが、少なくともやってしまったことを心から反省している人の発言じゃないよね~。それにしても薬はコワイね。私も2月に間違ってニトロペンを狭心症の症状が出ていないのに服用してしまったようで、心臓の血管で作用しなかった成分が脳の血管に作用して、とてつもない頭痛に起き上がれなかったことがありましたが、ホントつらかったー。病気によっては限界もありますし、我慢しすぎるのは問題ですけど、人間の身体は自然治癒力を鍛えるのが一番なのかも・・・

まずはきちんと食べて寝ることを心がけなきゃ・・・って些か飛躍していますけどのりぴーのニュースを見て思いましたとさ、ちゃんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

9月に入りましたね~

あっという間に9月に入り、気がつけば早1週間が経ちました。何度かブログに登場して頂いているT夫妻と食事をしたり、京都に行ったり、尾瀬に行ったり・・・8月はほとんど函館にいたので久し振りの移動が身に応えます(歳だね~)先日は京都でホテル本能寺が協賛された映画「火天の城」の試写会にお招き頂き、研修の後拝見してきました。ホテル本能寺が何故、この映画を協賛されているかというと、織田信長が築いた安土城を建てた宮番匠が主人公の物語なので、信長つながりということです。映画は12日公開だそうですので、是非ご覧下さい。キャストは渋めですが(失礼!)しっかり演技ができる方が揃っているので玄人好みの方には(笑)ご堪能頂けると思います。

函館は朝晩と涼しくなってきました。きっとあっという間に秋になり冬になるんだろうなー。9月からはまた忙しくなります。体調管理に気を付けてがんばりまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »