« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

納得いかないぞ!

世の中には様々なプリペイドカードなるものが存在しておりますが、大概等価、もしくは3~10%程度の「おまけ」利用分がついていてオトクであると認識しておりました。函館の市電とバスで利用する「イカすカード」なんて5,000円券を買うとなんと5,800円分使えるという大変お得なプリペイドカードであります。

しかし!先日、ビックリすることが・・・

QUOカードというコンビニやファミレス、ガソリンスタンド等で使えるプリペイドカードがあります。ご存知な方も多いかと・・・金額も300円から10,000円まで揃っており、使える場所も増えているので便利です。

そんなQUOカードを宿泊のプラン特典に使おうということになり買いに行ったのですが、な、なんと1,000円券を買うためには手数料として1枚40円、計1,040円払わなければならないと判明したのです。1,040円払っても使えるのは1,000円分・・・って何か損した気分・・・というより損!みたいな。どうしても納得がいかなかったので問い合わせ先に訊いてみると500円と1,000円のQUOカードはコスト(?)が吸収できないので手数料を取っているとかで2,000円以上はかからないそうな。んーーー、確かにカードの裏面を見てみると1,000円券には希望小売価格1,040円(利用可能額1,000円)と小さく記されており、2,000円券の裏には額面2,000円のみが書かれていました・・・が、しかし!・・・これっておかしくねーか?いやはや、思わずお言葉が乱れちまいましたが、どうにもこうにも納得いかず・・・おそらく1,000円券を自ら購入し使う人は少なく、殆ど景品として使われるから手数料が発生しても構わないや、位の感覚なのかもしれませんが・・・変だよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

函館港花火大会

今日は函館新聞主催の花火大会でした。夏に3回花火大会がありますが今日は1回目です。残念ながら仕事で落ち着いて見られませんでしたがちょっとだけ…函館港花火大会

もうすぐ港まつりです。イカ踊りに今年はナイスなゲストが飛び入り参加の予感…楽しみです。ウヒ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

若い人の行動を嘆く前に・・・

最近、またしてもブログが滞るようになってしまいました。これで生存確認をして下さる方々申し訳ありません。元気です!とっても・・・はい。どうぞ懲りずに今後とも宜しくお願い致します。

さてさて、昨日東京での出来事です。夕方のJRに乗っていると60歳前後の男性が一目散に駆け込み席をゲット・・・とここまでは良くみる光景だったのですが何とその人、座った途端にゴミを車内に投げ捨てはじめたのです。はたして自分のゴミなのか、座ったところに放置してあったものなのかはわかりませんが何も投げるこたぁないんじゃないかと・・・ねぇ。頭にきたので(苦笑)丁度、その人と私の中間に転がったゴミを拾い「何か落としましたよ」ってニッコリ戻そうかと思いましたが、暑さでイライラしている人が多いから、そんなことして突然刺されたり殴られたりするのはイヤだし、仕方なく(?)自分で電車を降りたあとゴミ箱に捨てましたとさ。せめてチロリと睨もうかと思ったらおっさん目をかたーく閉じて下を向いていました。ちょっと残念(笑)

イマドキの若者は・・・などと言う前にイイ歳した大人が行動を改めなければ日本はどうなっちゃうんだろうと「たかがゴミ、されどゴミ」を通して思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

国語を大切にしようと思ふ

楽天が社内公用語を英語にするそうです。さすが大きい会社はグローバルだ・・・(あ、多少皮肉も入っています)けど、その前に私達日本人はもっと母国語を大切にしなければいけないと思います。もちろん、日本だけをマーケットとする時代は過ぎていると思いますし、世界でビジネスをしていく際に英語力が必要であることには何の異論もありません。むしろ「その通り」って思います。でも・・・でもね、電車に乗っていて聞こえてくる「それって違くね?」という女子高校生の言葉や「ちょーやばい、やばい、やばい」を意味無く(ご本人にとっては意味あるんだろうけどね)繰り返す若者・・・敬語ひとつ満足に使えないビジネスマン・・・いや、かくいう自分も完璧ではございませんので人様を批判できるわけではないのですが・・・国語って日本人として生きていく基本となるものではないでしょうか。

就職関連の授業で私は常々「自分で考え、決め、行動せよ」とお話しています。(なんかエラソーだね)考える根底にあるのは国語力だともいえるのではないでしょうか。確かギリシャの哲学者が「国語を大切にしないと国家が滅びる」なんていうことを言っていたと聞いたことがありますが、このままでいくと日本も・・・・決して笑いごとではないと思います。

社内公用語を英語にするのは良くても、英語ができることにとらわれ過ぎて肝心な日本人としての核のようなものを失わないようにすべきでは?と思ってしまう私は古いのかなぁ。でも、そういう主体性が他者との違いを理解し、相互尊重することに繋がるのだと思うのであります。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »