« 2011年だよ! | トップページ | あれ?もう2月も終わり・・・ »

2011年1月 3日 (月)

「おせち事件」に思うこと

新年早々、共同購入サイトで買ったおせち料理が見本とあまりにも違うという苦情が殺到しインターネット上では大騒動になりました。詳細はここでは省きますが(興味のある方は「バードカフェ おせち」で検索してみてね)、商売上の倫理観や顧客満足などの考え方以前の「人としてどうなのよ」という呆れと憤りを感じました。「常識がない」というひと言で片付けてしまうにはあまりにも愚かな行動だったのではないかと思います。もちろんインターネット上の情報全てが正しいわけでもないのですが、それを考慮しても製造・販売会社社長のネット上での言動には呆れるばかりです。意味不明な言い訳に始まり、ブログに綴ったお詫び文が誤字だらけ、文法も間違いだらけ、過去の不都合になると思われるネット上の記事の徹底削除、そして最後は即日辞任・・・これでは仮に消費者に対する謝罪の意があったとしても、伝わるはずがありません。

それにしても、この社長さんは申し訳ないけど国語力がなさ過ぎです。確かに自分も学生の頃は国語ってそんなに大切だと思わなかったけど、考える力をつけるためにも、正しく自分の考えを発信するためにも国語は大切です。

「人の振り見て我が振り直せ」・・・今年は今まで以上に様々なジャンルの本を読み、思考力を深めたいと思います。

|

« 2011年だよ! | トップページ | あれ?もう2月も終わり・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おせち事件」に思うこと:

« 2011年だよ! | トップページ | あれ?もう2月も終わり・・・ »