2006年4月 4日 (火)

元祖オタク???

お陰様で最近忙しい毎日を過ごしています。ありがたや~ありがたや~。そろそろマジメに(今までもマジメだったけど)会社のスタッフについて考えないといかん・・・でも、人のことで焦ってもいけないし、きっと自分のやるべきことをしっかりやっていれば、良き解決策に導かれるだろうと(クリスチャンではないけど)思っています。

で、そんな忙しいときに限って読みたくなるのが子供の頃から好きだったシャーロックホームズシリーズなんです。シブい?出張に出るときは文庫版(ちなみに新潮文庫版が好きです)を1冊カバンに入れて持ち歩くのですが(毎回ってことではないよ)、何度読んでも飽きない。ちなみに先日考古学に凝った(?)お話をしましたが(3/10の記事ご参照下さい)、シャーロックホームズにもはまりまして(苦笑)日本シャーロック・ホームズ・クラブという組織に入会していたこともありました。確か中学1年から3年くらいまで・・・記憶があいまいだけど・・・振り返り自分でも「なんちゅー子供だったんだ!」と呆れてしまうけど好きになるともう「どうにもとまらない(by山本リンダ)」性分なんですね~。25年前に入会したときは自分なりの研究テーマ(もちろんシャーロックホームズに関することね)を申告して、更に与えられた課題に対して作文書かなきゃ入れなかったんですが(元祖オタクだよね)、今は門戸開放したらしく(?)楽に入会できるようです。ブログ書くのにホームページ検索してみたら会則が少しゆるくなっていたので思わず笑ってしまった。それにしても代表の方が昔から変っていない!!何だか、再入会したくなっちゃったよ(苦笑)

ただね、最近読んでて初めて気がついたんだけどホームズって結構イヤなヤツかもしれない・・・正にビクトリア時代の「僕って何者~!!」「僕ってすごいんでちゅー」的アダルトチルドレンなんだもん。子供の頃はホームズ崇拝者だったから(これも、ちとイタイが)、ワトソン君とかレストレード警部とか(あ~マニアックだ)、いわゆる普通の理解力の人達のことなんて大して思わなかったけど、この間読んでいて、ふと気がつくとワトソン君の気持ちで読んでいる自分がいた・・・みたいな(語尾上げて読んでね)

物語は変らなくても読み手の意識が変ると同じ話が何度も違った角度で味わえる・・・これも又読書の醍醐味なんでしょうね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)