2009年3月30日 (月)

変わらぬ仲間

ちょっとクサイ感じのタイトルですがオークラ時代予約課で共に働いた仲間のことを少々・・・先日、久しぶりに会う機会がありました。会うのは1年半ぶりくらいでしたが、会った瞬間から久し振りということを感じさせない自然な空気がありがたいというか嬉しかったです。妙にハイテンションな「久し振り~」(イメージとしては胸より下で手を振る感じ?)などと言うこともなく、さりとてテンション低いこともなく、翌日から同じ事務所で働いていても不思議じゃない感じ・・・とでもいうのでしょうか。今となっては会った7人のうちオークラで頑張っているのは2人、そしてその2人とも別のセクションで勤務しています。客室予約課というのは予約を受けるだけでなく、宿泊販売の総括をしているようなセクションだったので(今のオークラや他のホテルでの位置づけは違うかもしれませんが)、結構ハードな仕事だったと思いますが、よくみんな頑張っていたなーーー。これからもずーーっと付き合っていきたいと思います。よろしくねん。

同窓生だったり、オークラだったり、もちろん今のショコラのメンバーもそうですが、良い仲間に囲まれているというのは本当にありがたくて幸せなことですね・・・って照れくさいから面と向かってはなかなか言えないけどさ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

もうひとつのサプライズ

ちょっと前に20年来の付き合いになる、ある意味誰よりも私をわかっていると思われるオークラの同期と食事に行く約束をしていました。雨の中、待ち合わせ場所に行くと普段と違いやたらハイテンションな同期が・・・そしていきなり「金ちゃんがからメールがきてさぁ」というので・・・って金ちゃんとは短大時代の友人で一緒に芝居をつくって遊んでいた(?)仲間です。社会人になった頃はオークラの同期も交えてよく飲み、食べ、騒いでいたのですが、しばらくしてからは、お互いそれぞれ忙しくご無沙汰してしまっていました。それでも、何年も会わないのに会うとすぐに昔に戻れる、そんな大切な友人です。ちなみに函館にもひょっこり現れてくれました。・・・で、その金ちゃんからメールが私ではなく何故か同期の友人の方にあったというので、ついつい「あ~あいつ(適切な言葉遣いでないことはお許しあそばせ)、元気なのかなー?私達が会うのを察したんじゃ・・・」といいかけたところで、ふと同期を見ると何故か困った顔・・・「???」と思い、更に横を見ると、な、な、なんとそこにはご無沙汰しているハズの「あいつ」がすました顔しているじゃあーりませんか(ちょっと古い?)もう、ビックリ!!
私「なんでいるの?(これまた久しぶりに再会する友にかける言葉ではありませんが)」
金ちゃん「あいつ、で悪かったわね!!(笑)もーーーどういうタイミングで登場すれば良いかわからなくってオロオロしちゃったじゃん!!」
同期「いやーー想定外の反応で困っちゃったよねぇ(苦笑)」
私「?????」
どうやら、同期の友人が思いたち、久しぶりに3人でご飯でもと考え、ついでにサプライズにしたら私が喜ぶと思い(事実、とっても喜びました)こっそり連絡を取り調整してくれたようです。でも、私の反応が「あんにゃろー元気なのか、このやろめ」的だったので(苦笑)二人が想像していた「えええ、金ちゃん!?元気かなぁ、会いたいなぁ」という可愛い反応と違いすぎて困ったらしい・・・・えへへ、でも、本当に嬉しかったんだよ~ごめんよ~。

人生の半分以上を友人として過ごしている二人の温かさに、涙こそ流さなかったものの心から感謝したひと時となりました。二人とも母とも仲良くしてくれているので、帰り際、二人の声を聴かせたくて電話をしたところ、そこでもう1回盛り上がり、楽しい夜の締めくくりとなりました。本当にありがとう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

西粟倉

体調絶不調の最中(苦笑)、5年のお付き合いになる西粟倉村へ研修に行ってきました。もちろん初めてお会いする方もいらっしゃいましたが、村長さんはじめ公社の方々など懐かしい方々にも沢山お会いしました。役場の方で直接お仕事をしていない方からも「お久しぶりです」なんて言って頂くと素直に嬉しいものであります。故郷ではないのに帰郷したような気持ちになれるのは有難いことだなぁと思います。新しい出会いも素晴らしいですが、こうやってひとつの出会いをずーっと続けて大切にしていきたいと心から思わせてくれる時間でした。感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

恵泉ビジネス社会人フォーラムやります(4回目)

1月は振り返る間もなく過ぎ去り気がつけば2月です。暦の上では4日が立春ですが今朝の函館はまだまだ寒い・・・です。今週の金曜日に4回目となる恵泉ビジネス社会人フォーラムを開催します。今回は最近注目されているカラーコーディネートで新しい自分発見というタイトルでカラー診断やプレゼンテーションについて参加型のプログラム構成にしました。当初、タイトルをどうするか、という話のときに「カラーコーディネートはこーでねーと」じゃダメ?というベタなところからスタートした(?)のですが、同窓生で(ちょっと先輩です)カラー診断をされている方がいらっしゃり、トントン拍子に話が進みました。こういうご縁って大切ですね。ちなみにその方の会社はPrimageといって一般的に4つのシーズンに分けるところを7つのシーズンに分けてよりきめ細かく診断してくださるそうです。興味のある方は是非!!それにしても、同窓生の横のつながりを深めたい、卒業生の活動が何か学校の広報的役割ができないか、という視点でスタートしたこのフォーラムは本当に大切な縁をたくさん運んできてくれました。フォーラムメンバーとのつながり、参加者とのつながり・・・これからもこの活動は大切にしていきたいと思っています。金曜日も楽しみだなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

ラジオ生出演!

高校時代の友人からお話頂き和歌山放送さんの昼の番組に出させて頂きました。詳細は友人のブログをご参照くださいませ。(手抜き過ぎ?)出演といっても、和歌山の特産品である梅干しとお醤油を贈り主の方がプレゼントしたい相手とお話をする、というコーナーなので仕事とは全く関係ありません。でも、高校時代の友人とラジオで話をするなんてなかなかできることじゃないので、とても幸せなひと時でした。彼女はジュエリーデザイナーとして活躍しつつ、今は故郷で素敵なご主人様と幸せな毎日を過ごしています。卒業して20ン年経っても何も変わらず、おつきあいができる学生時代の友人は本当に宝物です。(宝人?)ありがとう!!最初は5分くらいと伺っていたのに結局15分もそのコーナーが続いたのは、相も変わらずベラベラ喋る私のせいかもしれません・・・が、本当に楽しかった~。その上、和歌山自慢の梅干しとお醤油がいただけるなんて感謝、感謝!彼女のご主人が経営されている南紀白浜ナギサビールもとても美味しそうです。通信販売もあるそうなのでビール好きの方は是非召し上がってみてください。私も田辺に行って味わう日を楽しみにしています!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

袖擦れ合うも・・・・だよね~

今日の函館は最高気温が15度と半袖では寒いくらいです。先週は火曜日1泊と木曜日から2泊で東京におりましたが、蒸し暑いですねーー。何もしなくてもしっとりと顔が潤ってきます・・・相当の不快指数を伴いながら、ですけど。先週は仕事でまた新しい出会いがありました。このブログのタイトルではありませんが、袖擦れ会う・・・もしかしたら会わなかった可能性の方が高かったかもしれない方にほんの小さなきっかけで出会う・・・これこそが人間関係の醍醐味だったりして、などと思います。一方で懐かしい再会もありました。懐かしいといっても1年半ぶりくらいだったような気がしますが、彼女とももう15年位の付き合いかと思うと、本当にご縁を感じます。(彼女のことは2006年4月1日のブログをご参照下さい)「ふと、元気かな~?」と思いだす頃に何気なく連絡をくれる・・・本当に有り難い友人です。

「縁を大切に楽しく生きる」という気持ちをこれからも大切にしていきたいと改めて思った1週間でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

ン年ぶりの再会が実現しそうです!

今を遡ること16年前の夏に1ヶ月半スイスのローザンヌにあるホテルスクールに会社から行かせてもらったことがありました。16年・・・・ひゃあああ!そんな昔のことなんだ。ビックリ。「光陰矢のごとし」とはよくいったもので、そんなに時が過ぎていたとは・・・つい昨日とまではいかないものの10年くらい前かと思っていたのにな~
時の流れが残酷なことは横に置いといて・・・そのとき日本からの受講者は私を含めて6人でした。今はなき大阪のプラザホテルから来ていた女性と藤田観光から二人、ニューオータニから二人、そして私というメンバーで歳も経歴もバラバラなのに何故か仲良く、毎晩のように酒盛りをして楽しい毎日を過ごしていました(・・・って勉強しに行ったんじゃないんかい?!)中でも藤田観光から参加されていたMさんとKさんにはとても可愛がって頂きました。そのMさんが藤田観光の社長になられたのが昨年のこと。お会いするときはいつも漂漂とされているので、あまり出世には興味がないのかと思っていたのですが、順調にステップアップされ(もっとも、傍から見ているだけでは何も御苦労などに気づかないだけだったのかもしれません)、専務になられたのをお祝いしなきゃ、と思っていたある日のこと、羽田空港のラウンジで読んでいた日経に写真入りで社長交代のニュースがでているのを見てビックリ!!社長に就任された方の健康問題で繰り上げ登板となったそうですが、きっと色々激動の日々を過ごしているんだろうな~と思っているうちに、今度は会長に就任されるそうで、またまたビックリ。一部上場企業ともなると大変なことも多いのでしょう。社長就任時は週刊誌にも出た位だったので、そんなときに連絡してもかえってご迷惑かと思い、「そのうちに」と様子をみているうちに日ばかり過ぎてしまいました。先日、思い切って久しぶりにメールを送ったところ、早速返信があり4月にン年ぶりに再会する予定です。こういうときに間髪入れずに返信があるのはとっても嬉しいですね。今から楽しみ!

何年もお会いしていないのに会った瞬間、ブランクを感じさせずにすっと会話に入れるご縁があるのは本当にありがたいし、これからも大切にしていきたいと思いマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

友達のありがたさをしみじみ思ふ

今日は長年の友人であるマダム由美子さんのお宅にお邪魔してご夫妻と久しぶりにゆっくりお喋りを楽しんできました。彼女はサイトを見て頂ければお分かりになるかと思いますが、100人中101人が「どうしてあなたと友達なの?」と訊かれるくらいエレガントで美しいものが大好きな女性です。あ、別に私も美しいものがキライというわけではないのですが、外見で判断すると我ながら同じ性別とは思えない・・・・むしろご主人の方が体型的にも近いというか、親近感が湧くというか・・・・・二人とのお付き合いはもう20年来のものになります。マダム由美子さんとは学生時代に一緒にミュージカルを造った仲です。彼女は振り付けを、私は演出を担当しました。うーーん、懐かしい。
で、何故に一見180度違う二人が今日まで、そしてきっとこれからもお付き合いが続くのかというと、「あまりにも違いすぎるから」という声もあがりそうですが、実はとても楽しい時期を共に過ごした仲間だからなのかも、という話になりました。自分達が楽しく、充実していた時期を共有できたことにより、言葉よりも感性の部分で共感しあえるのかな、と思います。え?ずうずうしい?あはは。普段は大抵ご主人と3人で話すことが多いのですが、そのときはご主人と私がベラベラ喋り、マダム由美子さんは笑いながらそれを聴いていることが殆どで、いざ、二人になるとお互いの近況報告程度でそんなに話すわけではない・・・でもお互い安心できる存在である・・・高校時代の友人達もそうですが、社会にでて20年経った今、やはり若かりし頃を共有できた友人は本当に大切な存在だと思います。私の母校である恵泉女学園で当時の学園長先生は高校、大学の頃を「魂の柔軟な時代」と称していらっしゃいましたが、まさに「魂の柔軟な時代」を共に過ごした仲間は皆、大切な宝だと思います。

・・・ここまで書いて、もしかしてそれだけ歳を取ったということ???って思っちゃいました~(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

挑戦を形にした人達

丁度、オークラを辞めて1年位経った頃、2004年の秋に千葉の病院の看護師さん、主任クラスの方6人とみっちりじっくり半年間のセミナーをやらせて頂いたことがありました。毎週土曜日、丸1日かけて「ビジョンについて」「リーダーシップ」「ロジカルシンキング」「傾聴」「コミュニケーション力」「目標達成へ向けての計画」等について真剣に議論し考えるというセミナーです。私自身にとっても挑戦でしたし、受講して下さった6人の看護師さん達は、自分の休みを使って参加してきたくらいですから、それは熱心に受講してくれました。特に目標設定と達成について本気度のお話をしたときに、自分達が正看護師でないこと(当時、主任クラスの方は准看護師でした)や国家資格をもった介護福祉士でないことからくる、組織の中での影響力や難しさについて話題になり、「その現状を打破するために、自分にとって必要な資格なら、時間がかかっても取ることを諦めない」とか「今、やろうとしていることが正しいと思うなら自分を信じて頑張ろう」という趣旨のお話、それに続いて「目標をコミットメントすることの意義について」や「目標達成までの道のりを描くこと」などをセミナーで学習して頂きました。
他の部署のセミナーも引き続き行う予定でしたが、諸事情で中止となりその病院とのお付き合いも一旦そこで終了、その後、しばらくご無沙汰をしておりました。看護師さん達も、それぞれの事情で6人のうち4人が離職され、残ったのは2人という話も風の便りに聞き、一抹の寂しさを感じていました。

ところが、昨年の10月の末に、突然、残った二人のうちの一人からメールが届きました。セミナーから2年かけて二人はそれぞれ、正看護師、介護福祉士の資格を取得されたそうです。その間、仲間の離職や病院内の様々な状況変化等で何度も辞めようと思ったそうですが、セミナーの内容を思い出しながら、二人で担当する病棟をまとめ、スタッフも彼女達を信じてついてきてくれている、合格の報告とともにこれからもたまには連絡をとり話がしたい、という内容でした。

心の底から嬉しかったです。自分が資格を取る以上の喜びがありました。それと同時に二人の意思の強さ、志の高さに尊敬の念を抱きました。本当に素晴らしい。

研修やセミナーは迷っている人の肩をそっと押すことはできますが、結局、そこから何を感じ、何を成すかはその人の心ひとつです。そういった意味で、二人は自らの力と意思で挑戦し、継続し、結果をだされたのです。(まるっきり2008年の当社のテーマと一緒!)これこそ正に講師冥利つきるというものです。二人に心から感謝しています。今月か来月の再会が今から楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

偶然でも縁は縁

ふと気がつくと一昨年の9月に2泊3日で上海に行ったきり、海外へ出ていない・・・オークラを辞めた年にはタイ、ベトナム、上海に行く機会があったのですが、辞めてからは上海へ2度行っただけです。なので今年は海外へ行こうかなって思っています。その代わりと言っては変かもしれませんが、この3年、国内は色々なところへ行きました。特に岡山、長野、静岡・・・あと北海道(=函館ね)とはとても深い(?)ご縁ができました。中でも岡山は自分にとって相当思い入れのある場所になりましたね~。会社を辞めて最初の仕事をした場所であることが一番の理由ですが、自社HPをお願いしているマイルストーンデザイン も岡山ですし、(ロビン、詩ちゃんいつもありがとね)総務省地域再生事業で3年間お付き合いをしている西粟倉村も岡山県です。上海では「日本の中国地方へは行ったことがありませんが中国とはご縁があります。」なーんてスピーチしていたくらいなのに今ではNHKのニュースの始まりとか終わりに岡山なんて出るとつい反応しちゃうくらいで我ながら不思議なもんだと感心してしまうくらいです。

岡山での最初の仕事は倉敷にあるビジネスホテルの現場手伝い(?)でした。今、思うと「オークラという看板が外れて自分が通用するのか」などと肩に力が入ったことを考えておりましたが、そこでも良い人達に出会えたと思います。そのうちの一人であるYさんは、今は東京の某ホテルでフロントスタッフとして頑張っています。年齢は10歳違うのですが、彼女の立派なところは「浮つかないでしっかり頑張る」ところです。その上気持ちがとてもピュアなんですねー。(ちょっと褒めすぎ?)ピュアでいること、当たり前だけど頑張ること、これは簡単そうでなかなか難しい。現実は大変なことも多いと思いますが、今のペースで彼女らしく前進していくのを応援し続けたいと思います。

Yさんに限らず、ちょっとした偶然で出会う人たちと縁がつながっていくというのは素晴らしいことですね。感謝!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)